現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こんなクルマがこの世に出ちゃっていいのでしょうか?「これでいいのカー? これでいいのだカー!」

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.25

こんなクルマがこの世に出ちゃっていいのでしょうか?「これでいいのカー? これでいいのだカー!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世の中には、これでいいのか!? いや、間違ってるよ! と言いたくなる事柄と、これでいいのだ、だってそれ別に望まれているわけではないから! という事柄がありますね。これで世に出したのは間違ってる! と激しく指摘したくなる「これでいいのカー」がある一方、あれこれ言いたくなるけど、そんなに突き詰めずに「これでいいのかも……」な、「これでいいのだカー」がある。わずか1文字の違いだが、両車の間には深くて広い川がある。

 そのわずかな違いは、実際のところどんなモンなのか? それぞれ3台づつ、実例を挙げてみましょう。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

文/清水草一


写真/ベストカー編集部

■これでいいのカー?3選

■驚くほど乗り心地のよくないレクサスLS

 日本の最高級セダンなのに、驚くほど乗り心地が悪い! 特にスポーティな20インチタイヤ装着モデルの後席は、「これでホントにエライ人(主に老人)を乗せるつもりですカー!?」と心配になるほど、路面からの突き上げがダイレクトにクル。

 原因ははっきりしている。世界の趨勢がスポーティな走りを志向してるということで、「LSも変わらなきゃ」とばかりに、走りを思いきりスポーティに降り、その上初めてランフラットタイヤを採用したからだ。

 ランフラットタイヤを履きこすのは、なかなかの難事業らしく、BMWもメルセデスも、当初は大いに苦労した。最初に標準装備化したBMW(2003年から)は、元がスポーティなだけに、後席に座ってると、路面の凹凸でケツが浮いて天井に頭をぶつけそうになったほどだ。今やしっとりシナヤカ~だけど。

 レクサスLSは、BMWに遅れること15年。ついにランフラットを採用したわけだが、LSへの採用は、もう少し他のモデルで経験を積んでからにすべきだったのではないか!? なにしろレクサスLSといえば、カイテキであることが最大のウリのはず。ランフラット化を激しく望んでいたLSユーザーなんかいるのカー! これでいいのカー! 

■アクセルを踏み込んでも1~2秒反応しない先代パッソ/ブーン

 現行モデルも安っぽいという声は多いが、私に言わせれば、先代に比べたらずいぶんよくなっている。先代パッソ/ブーンはもっとダメだった。デザインも内装もとても安っぽく、「これなら軽のほうがイイヨ!」って感じだったが、一番問題があったのは、アクセルレスポンスの悪さだった。

 なにしろ2014年のマイナーチェンジ後の1Lモデルは、アクセルを床まで踏み込んでも、とっても遅い加速が始まるまで、1~2秒ほとんど反応しなかったのだ。

 その理由は、現行モデルへのフルチェンジ時、開発陣に話を聞いてようやく判明した。


「先代パッソ/ブーンは、運転に不慣れな方が間違ってアクセルを深く踏み込んでしまっても、すぐにはガソリンが送られないようにすることで、燃費の向上を実現していました」(要旨)

 マジすか!? そういうの、アリなんスか!?

 まぁ実際、運転に不慣れな方が乗ってる確率は高いと思いますが、そういう方ほど、これじゃ高速道路で追越車線に出られないんじゃないかと心配になる。これでいいのカー!

■なぜこれを日本で売ったのでしょうか? 日産ラティオ

 すでに2016年末をもって、国内ではご臨終となったモデルでして、いまさら生産終了モデルに鞭打つのもどうかと思いますが、あえて書かせていただきまする。


 先代パッソ/ブーンは「これなら軽のほうが……」だったけど、ラティオは「なぜこれをニッポンで……」でした。

 ワタクシどものような仕事をしておれば、このクルマが中国やインドで、栄えある「サニー」を名乗っており、世界150か国で販売されているグローバルカーである、と知る機会もありましたが、フツーの日本人には、プロポーションが崩壊したアジアンカー(実際、タイ製ではありますが)に見えてしまい、まるで売れなかったわりに、国内における日産のブランドイメージだけを引き下げてくれたのではないか、と危惧するものであります。

 実際に乗ると、1.2L、3気筒エンジンは意外とトルクフル。気取らないアジアのレンタカーという風情で、ひょうひょうと走ってくれましたが、豊かさというものを知ってしまった日本人には、このチープさや、実用一本鎗のセンスのなさはキツかった。

 コンパクトセダン以外受け付けないご高齢の方や、どうしてもセダンじゃないとダメな営業車向けに、細々と販売されたモデルですが、いまだに「なぜこれをニッポンで……」と、首を左右に振ってしまうのであります。

■これでいいのだカー!3選

■シンプルでいいのになぜ? ルーミー/タンク/トール/ジャスティ

 こういうミニミニバンは、基本的にはシンプルな箱でいい。ルーミー4兄弟も、もっとシンプルにできたはずだが、イバリ感を出すためや、4兄弟の差を出すために、細部のデザインにハリボテ感がにじみ出てしまっている。

 インテリアは便利な装備が満載だが、どこか100円ショップ的……と言ったらホメ言葉ですね。100円ショップの商品、私も絶賛愛用しております!


 ライバルはスズキのソリオだが、ソリオのほうがずっと走りがしっかりしているし、志の高さが違う。

 たとえば、ソリオの全幅はわずか1625ミリ。狭い駐車場にもラクに置けるように、最大限の配慮がなされているが、ルーミー4兄弟は、後発ながらそこまでの配慮はない(ルーミーの車幅は1670ミリ)。

 しかし、なにしろこの4兄弟、販売チャネルが超巨大。ライバルと細かく比較すれば差は見えるが、そこまでするユーザーは少なかろう。知らずに乗ればこれでオッケー。これでいいのだ……ろう。

■ミニクラウン顔のプレミオ/アリオン

 見た目があっと驚くミニクラウン! マイチェン前はミニゼロクラウン風、マイチェン後は先代ロイヤル風? 虎の威を借りる狐っぽさは覆いがたし。見るだけで「はぁ~~~」と脱力してしまう。

 でも、人生の最後にクラウンみたいなクルマに乗りたい人のため、あるいは、「もうクラウンは大きすぎるからさぁ、ちょっと小さいクラウンないの?」という人のためにあると思えば、それを責めるのもどうかという思いも涌いてきます。

 今や販売台数も、2車種あわせて月1000台くらいだし、ユーザーの平均年齢はおそらく70代。目くじら立てるのもなんですよね。これでいいのだ……ろう。

●デイズ/デイズルークス/ek/ekスペース


 走り(特に加速)でも燃費でも、スズキ、ダイハツ、ホンダのライバル車より明らかに劣っている。しかも燃費不正問題が発覚して、カタログ燃費が大幅に悪くなった。

 クルマに詳しい人なら、わざわざそういうクルマは買わないと思うが、でも、でもでも、かなり売れております!いつでもどこでも、「フツーに動けばそれでいい」というユーザーはいるもの。

 デイズ/ek系を買う皆様は、それでいいとおっしゃっているわけだし、「このルックスが好き!」という方もいらっしゃるでしょう。これはこれでいいのだ……ろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 小野正樹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nob*****|2018/07/25 11:59

    違反報告

    こんな文章でいいのカー?
  • shi*****|2018/07/25 12:01

    違反報告

    この記者は、何故LSをFスポーツのみを基準に評価しているんだろう?
    20インチはFスポーツのみだ。他のグレードは19インチ。
    最低でも、両車を乗り比べた上で記事にしないと、不公平で悪意ある記事になっちゃうと思うけどね。
    しかも、お偉いさん(老人)がわざわざFスポーツに乗るのか?!
  • ryo*****|2018/07/25 11:52

    違反報告

    Fスポーツでない 標準のサスを 
    コンフォートモードにして 乗っていますが (納車半年)

    (乗り心地がいい)と言われますが 

    (乗り心地が悪い) とは言われたことがないですね

    まぁ 今までが すばらしい車に乗っている方なら不満なのかもしれませんが・・・・


    それよりは 旧モデルに比較して ドライバーズカーとして出してきたので

    今までのLSやセルシオとの比較は 車の目指すものが変わったので 
    (ジャンルが違うのでは?)と思っています


愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します