現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 日産スカイラインGT-Rは未だ現役!新作エンジン系パーツをHKSが続々発表

ここから本文です
カー用品 2019.1.18

日産スカイラインGT-Rは未だ現役!新作エンジン系パーツをHKSが続々発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GT-R生誕50周年を記念してリリース開始

「HKSは(日産の)GT-Rで育ってきたようなもの」と説明員が語ってくれたHKS。東京オートサロンのブースには、かつて谷田部(日本自動車研究所)などで多くの記録を樹立した、R33型スカイラインGT-Rベースのデモカー『T-002』をレストアして展示。そこには2.8リッターキットのステップ3や、ビッグシングルのGTIII-5Rタービンなど最新パーツが組み込まれていた。

    早朝深夜も安心!排気音量をコントロールできるスポーツマフラー登場

 今年はスカイラインGT-Rデビュー50周年、第2世代GT-R(R32~34型)の先駆けであるR32スカイラインGT-Rも生誕30周年となる記念の年。ということで、GT-R関連パーツが多数展示されていたのも、今年のHKSブースの特徴だった。 

 とくにエンジン関係は、第2世代GT-Rが搭載するRB26用の新作パーツに多くの来場者が注目。前記のデモカー『T-002』にも組まれたRB26DETT用2.8Lキットのステップ3は、従来品とは異なり、新しいカタチで復刻されたものだ。 削り出しのピストンとチタンのピストンピンなどには、現在の最新技術を投入。1000馬力級のパワーに耐える強度を優先した仕様と、クランクシャフトのカウンターウエイトに向かう肩の部分を細くしてレスポンスを重視した仕様の2タイプを用意した。

 また、RB26エンジン用のGTIII-2530 スポーツタービンキットも展示。このタービンは、HKSの定番だったSSタービンとRSタービンが、GTIIIに進化したのに合わせ、その中間を埋める2530タービンの後継モデルとして登場予定とのことだ。 新たにGTIII-2530がタービンのラインアップに加わることで、2.6L、2.7L、そして2.8Lでもそれぞれのチューニングエンジンでの選択肢が増えて面白くなってくるだろう。

 他にもRB26エンジン用のエクステンションキットも開発中。GTIII-5Rよりもさらに容量の大きいタービン『6R』も計画中とのこと。さらに補機類も拡充予定と、HKSの第2世代GT-R用への情熱はまだまだ止まることはなさそうだ。

 すでに、スカイラインGT-R生誕50周年記念限定モデルとして、スーパーターボマフラー チタンリミテッドエディション(2019年2月28日までの期間限定)や、車高調整式サスペンションのマックスIV GT リミテッドエディションも、シリアルナンバー入りでR34とR33のスカイラインGT-R用が限定30セット、R32スカイラインGT-R用が限定20セットで登場。 HKSブースには、スカイラインGT-R誕生50周年を祝うムードが漂っていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します