現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 中国で『痛車』がブレイク!? 東莞のイベント会場で出会ったユーザーの熱さにびっくり!

ここから本文です
カー用品 2018.12.21

中国で『痛車』がブレイク!? 東莞のイベント会場で出会ったユーザーの熱さにびっくり!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国・東莞で開催された「ALL in TUNING 2018」の会場前の広場は、広東エリアから集まった一般ユーザーの巨大オフ会会場となっていた。その一角に、ホンダ・シビックやマツダ3などの痛車を披露しているひときわ親近感(?)を覚える集団がいたのでついつい話を伺ってしまった。

会場に並ぶ痛車をまじまじ眺めていると、一人の青年が声をかけてくれた。
中国ホンダのシビックに「THE IDOLM@STER 」のラッピングを施す彼は、このグループのリーダーである湯さん(27歳)だ。
聞けば、彼らのグループは「粤痛组」という。

    まだまだ現役のタイムアタッカー! 筑波サーキットでランサーエボリューションの底力を見た!

「粤」とは広東省を指す略称。つまり「広東省の痛車グループ」という意味。
「粤痛组」には現在70名ほどのメンバーがいて、ミーティングや走行会をよく開催しているそうだ。

湯さんは日本のアニメやキャラクターが好きで、クルマを買う前から痛車にすることを決めていたそう。 ご両親も特に反対や拒否反応を示してはおらず、「いつも後部座席に乗ってくれます」と笑う。
彼女は「ヴォーカロイドオタク」だそうで、彼女のクルマはもちろん初音ミクのラッピングが施されているという。

中国の自動車のカスタマイズはグレーゾーンだと聞くが、こうして活き活きとそして和気あいあいと自分なりの楽しみ方を実直に表現している中国の青年の姿を見ると、中国のカスタマイズカルチャーがさらに花開く日も近いのではないかと実感する。

「クルマ離れ」などと言われて久しい日本のレベルと比較するのが申し訳なくなるほど、中国のカーカルチャーの熱さを感じることができた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します