現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > BMWも80年代が熱い! E30型カスタムBEST2 【SEMA SHOW 2018情報 第7弾】

ここから本文です
カー用品 2018.11.16

BMWも80年代が熱い! E30型カスタムBEST2 【SEMA SHOW 2018情報 第7弾】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ最大のカスタムカー&パーツの祭典「SEMAショー」が10月30日から11月2日までラスベガスで開催されました。現地で取材していたレポーターからの写真レポート第7弾! レポーターが選んだE30型BMWチューンドカーベスト2!TEXT&PHOTO◎川崎隆介(KAWASAKI Ryusuke)

S55エンジンのM3改 & E36M3エンジンの325改

    NATS 日本自動車大学校が東京オートサロン出展に向けて「新型ジムニーシエラ」を速攻カスタマイズ! その進捗は!?

今年のSEMAは古いBMWのカスタム熱が高まっているようで、SEMA主催のビルダーズコンテストで「BEST12」に2台がノミネートしていた。どちらもよりあたらしい型のエンジンに載せ換えられ、純正を崩さないスタイリングでまとめられている。日本でも旧車人気が高まっているけど、これからE30が見直されるかも!

1988年式のM3は、カスタム学校の学生が製作し、ケミカルのCRCがバックアップして…みたいなことが書いてあったんだけど、合ってるかな? DTMマシンにインスパイアされた外観と、なんといっても目玉はエンジン。なんと最新! M4の6気筒のS55型に載せ換えてあった! レーシンガーチックな外観だけど、中身はストリート仕様で、ボルトナットすべて新品だそうな。

サスペンションジオメトリはE36化しているそうで、下回りはピッカピカ!

屋外展示にも渋いE30がいた。1987年式の325だ。前後16インチのシャコタンで、バイオレットメタリックのボディはストリート仕様っぽさムンムン。なんといっても特徴的なのは丸目4灯を角目4灯に変更しているところ。族車になっちゃわないところがセンスのよさだよね。

エンジンはE36M3のS52型に載せ換えてスーパーチャージャーをドッキング。SEMAのドレコンに「スポーツコンパクトクラス」でエントリーしていて、事前審査の「ベスト12マシン」に選ばれていた。

リヤウィンドウには旧車のお約束「ルーバー」が。これはウッドとアルミを組み合わせたワンオフだと思われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan HYPER REV編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します