現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ダークプライムIIと50周年仕様。200系トヨタ・ハイエース特別仕様車専用装備のポイントをクローズアップ!

ここから本文です
カー用品 2018.11.9

ダークプライムIIと50周年仕様。200系トヨタ・ハイエース特別仕様車専用装備のポイントをクローズアップ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常カスタムにも使えるかも!?

HIACE S-GL “50TH ANNIVERSARY LIMITED” “DARK PRIME

    【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.2「奥様は運転好き」

通常はメーカーオプションの装備が最初から付いていて、さらに専用カラーや専用素材が使われている特別仕様車。ダークプライムIIと50周年仕様、どちらを選べばいいのか?特別仕様車の装備を確認してチェックしていこう

50TH ANNIVERSARY LIMITED

ツートンのメッキグリル

同時発売の「ダークプライムII」が全面ダークブラックに対し、50周年記念車は上段側が通常メッキ仕様、下段側が特色の漆黒メッキ仕様となっている。

LEDヘッドライト

オプションでは6万円もするLEDヘッドライトが、もれなく標準装備。もちろんオートレベリング機能付き。

フォグパネル

見過ごせないのがフォグまわりのベゼル。純正が味気ない質素な樹脂系ブラックに対し、特殊な塗装を施して輝度感をアップ。硬質感のある、メタル調的な色だ。

リアプライバシーガラス

プライベート空間を保てるスモークガラス仕様となるプライバシーガラスは、あるとないでは雲泥の差。両側固定となるリアサイドに標準。

50THエンブレム

バックドアの右下には、50周年の証となる特製エンブレムが付いている。ハイエースのワンボックスボディを意識したシルエットがポイント。

スマートキーエンブレム

ドアノブのボタンを押すだけで施錠解錠ができ、エンジン始動もボタンで済むスマートエントリー&スタート。専用キーも特製。

スカッフプレートイルミ

ドレスアップ的にも見過ごせない大きな違いが、スライドドアを開けた際に現れる、この車名入りのスカッフプレート。LEDで車名が光る!

セパレーターバー

意外に存在が目立つためインテリアの景観を崩す恐れがある、1列目後ろにあるセパレーターバー。

50周年記念車、ダークプライムIIともに、特別仕様車は限定のブラックとなっている。

両側スライドドア

ダークプライムIIではオプション(8万8000円)となる両側電動スライドドアが、50周年車では標準。

インパネに、運転席から操作できる専用スイッチが装備される。

茶木目仕様

ステアリングと連動した特製シフトノブは、空間に彩りを添える、本革+茶木目マホガニーのツートン仕様だ。

基本的な形状は純正と同じだが、上下スポークに茶木目のマホガニー調柄が入るため、見た目の印象は大きく違う。

コクピットのもっとも目立つ場所に位置するインパネセンターパネル。もちろん茶系の木目調で統一されている。

ダークシルバー仕様

視界に入るパネル類は、ほぼ木目調、またはダークシルバー化されており、ステアリングのスイッチベゼルも同様。

オートエアコンが標準装備されるスーパーGLの意匠はそのまま、エアコンパネルの色調を純正よりも暗く変更済み。

6ATとなる純正シフトのゲートパネルは明るめのシルバーだが、特別仕様車は暗めと、トーンをやや落としてある。

ダークブラウンシート

シート表皮の違いも歴然だ。純正ダークグレーに対し、カラーをダークブラウンへ変更。一部合皮化されている。

シート端の縫製は、特別仕様車だけのダブルステッチ仕様。50周年は、本体色にあわせたダークブラウンとなる。

形状や機能性は、ベースとしたスーパーGLと共通で、スライドやリクライニングも可能。違いは見た目と素材のみ。

ドア内張り

運転席と助手席のドア内張りは、特製の合皮仕様であるなど、質感の違いは歴然。スイッチベースは木目調。

こんな部分もブラックカラー

味気ない室内空間をシックに変えるブラックインテリアが標準。天井全面だけでなく、ピラーやアシストグリップ、バイザーなど、隅々までブラックで統一と、見た目の貧相感はナシ! 純正とは大違い。

アシストグリップ

ブラック内装

ルーフエアコンのパネル

サンバイザー

ルームランプのパネル

“DARK PRIME II”

人気のダークプライムもバージョンアップ

4型から登場した「ダークプライム」は、2014年12月、2017年11月、そして2018年8月と、現在まで通算3度登場している特別仕様車だ。

同時発売の50周年記念車と比べると特別装備は少ないものの、専用クリアスモーク仕様のLEDヘッドライトや、ダークメッキ仕様のグリル、黒木目やダークシルバーで加飾したインテリアなど、専用装備で内外装を固めている。
50周年車とほぼ同じ箇所が特別色となっているが、一部を除き、色調はダークプライム専用であるなど、両特別仕様車は似て非なる存在となっている。

ちなみにベースとなるスーパーGL比での価格差は、わずか+15万円程度。50周年車より約10万円安い。対象はスーパーGLのガソリン、ディーゼル全車。これも50周年車と同じだ。

一部の外装メッキ類がダークメッキに

50周年記念車が下段グリルのみの加飾に留まることに対し、ダークプライムIIは上下段両方ともダークメッキ仕様となっている。

ダークプライムIIは、バックドアのメッキガーニッシュも加飾対象。フロントグリルと色調をあわせた、専用のダークメッキとなる。

LEDヘッドライトクリアスモーク仕様

スーパーGLではオプション扱いとなる、ロービームLEDヘッドライトも標準。レンズをクリアスモーク化した、ダクプラ専用カラー。

黒木目マホガニーのパネル

ダークプライムIIの名の通り、内装もダーク系カラーで仕上げられている。コクピットまわりは黒木目調やダークシルバー系となり、ステアリングやシフトノブには本革も使われている。

ブラックシート

基本的なデザインはそのままに、表皮をトリコット+合皮で仕立てたダークグレーシート。アクセントとなるダブルステッチが入る。

天井などルーフがブラック

バックドアやスライドドアを開けた先の違いは一目瞭然。天井からピラー、セパーレーターバーなど、目に付くモノが黒、黒、黒に。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します