現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗が放つ「W463カスタマイズの最終形」

ここから本文です
カー用品 2018.9.11

メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗が放つ「W463カスタマイズの最終形」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従来型Gクラスのカスタムシーンで一目置かれる都会派オフローダールックスへ

メルセデス・ベンツGクラスでのカスタマイズの老舗である「ゲレンデヴァーゲンファクトリー」が、W463における最終進化形を完成させた。Gクラスがクローズアップされる以前から乗り心地を改善するショックアブソーバの開発やエアロパーツ、スムーシングキットなど数々のヒットを重ねてきた名門の作り上げたフォルムは、まさに大人の雰囲気である。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

デモカーはG500がベース。ルックスは2018年発表の「G350デェリテージエディション」を下敷きにフェンダーやバンパー、ルーフなどにブラックを配色。シルバーとのコンビネーションで大人風味に進化している。また、フロントスポイラーなどにはリアルカーボンを積極的に使い、プレミアムスポーツなイメージを形成。ルーフにはLEDデイライト付きのカーボンルーフバイザースポイラーを装着した。さらにGクラスの代表的アイコンであるフェンダーウインカーは、エアロウインカータイプに換装。従来の”無骨さ”をうまく払拭している。無骨さの払拭といえば、やはり背面タイヤカバーのアレンジも同様。ラッピングによるカバーメイクはオフロード色を感じさせないメルセデスのチューニングブランド「AMG」マークに変換し、オーバーフェンダーで締め上げた。

足まわりにおいてはローダウンではなく、最近のトレンドであるアゲ系。オリジナルの『BIGショックキット』の2インチアップバージョンをセットアップを行なうなど、都会で違和感なく乗れるおしゃれなオフロードとして仕上げたのである。

なお、W463での進化はこの従来型仕様で最終系という。次回のデモカーは、新型463での提案を期待したいと思う。

SPECリップスポイラーII (FRP/カーボン) ¥98,000+税/¥168,000+税リアリップスポイラー ¥168,000+税マークレスMK3 ¥90,000+税エアロウインカー(FRP/カーボン) ¥72,000+税/¥90,000+税ミラーレスバッチ(FRP/カーボン) ¥12,800+税/¥16,800+税エアロボンネットII(FRP/カーボン)    ¥258,000+税/¥358,000+税リアウイング(FRP/カーボン) ¥148,000+税/¥198,000+税リアスムージングバッチ(FRP/カーボン) ¥12,800+税/¥16,800+税ルーフバイザースポイラー(FRP/カーボン) ¥248,000+税/¥400,000+税オーバーフェンダー ¥298,000+税カーボンバンパーガード ¥78,000+税BIGショックKIT(2インチアップ) ¥380,000+税

職人気質 TEL072-966-4388https://www.syokuninkatagi.co.jp/

ジャスティス TEL072-887-7333https://www.justice.osaka.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Only Mercedes編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します