現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ディーラーオプションでベッドで車中泊も! トヨタ・ハイエース「発売50周年」のモデリスタ・リラクベース タイプII

ここから本文です
カー用品 2018.8.4

ディーラーオプションでベッドで車中泊も! トヨタ・ハイエース「発売50周年」のモデリスタ・リラクベース タイプII

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レトロ感ある内外装で新しいカーライフを満喫♪

TOYOTA HIACE Relaxbase TypeII

    【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.2「奥様は運転好き」

ドレスアップカーでアウトドアを楽しむ時代!?

愛車カスタムを充実させつつ、キャンプやサーフィン、サイクリングといった、趣味も大切にしたいという欲張りオーナーに贈るコンプリートが、いま注目の的。マイペース、かつラフに楽しめる、頼れる新相棒。その中身がコレ!

発売50周年を記念した新車コンプリートカー


カスタム界で1つの文化を確立しているハイエースを、新車時からオシャレに楽しむ選択肢として、モデリスタがそのカスタマイズセンスを遺憾なく発揮して製作したコンプリートカー、リラクベース。ハイエースだから様になるレトロ感を専用パーツとカラーリングで再現しつつ、ブランドが追求しているユーティリティの向上も狙った、使える装備も満載の特別な1台だ。

外装ではホワイトバンパーやホイール、ブラックアウトなど、内装ではトリコットシートや白木目調のインパネ類などが、基本パッケージとして設定されており、それをトヨタ自動車の工場で架装。一方で、エンブレムやバンパーガード、天井ラックやラダーなどはオプションとして、希望するパーツだけをディーラーで取り付ける内容で、オプションに限って単品販売も可能となっている。

ベースカーは、標準ボディのトヨタセーフティセンス無し車のスーパーGLのみと限定的であるものの、全国のトヨペット店で取り扱い中。一部ディーラーにはデモカー展示もあるとのこと。限定数や販売期間は、現時点では設定なしとのことなので焦ることなし。購入後のプランも考えつつ、じっくり検討しよう。

基本パックではボンネットとピラーがブラックアウトされ、ボンネット左右にメッキフードを装備。ホワイトバンパーと同フォグカバーが標準となる。

前後バンパーはどのボディカラーでもすべてホワイト。ひと目でそれと判る、純正との明解な違いの1つ。

フロントバンパーに装備されるフォグまわりのカバーも、リラクベースだけの専用ホワイトで統一される。

反響がとてもいい15インチアルミ。タイヤはダンロップだが、出荷時期で銘柄が異なる場合があるという。

シートはブルーとアイボリー調仕上げのトリコット。ガラス越しからでも判る、存在感のある仕立てだ。

前席ドア内張りとグローブBOX、さらにエアコンダイヤルパネルの4 箇所を白木目調とするインパネが標準。

特撮したタイプIIは白木目調のフローリング風床張りとなり、16箇所のアンカーナットのほか、荷室開口部にアルミスカッフプレートが付く。

【架装装備】メッキフードガーニッシュ/ブラックアウト(ボンネット部・ピラー部)/ロアグリルガーニッシュ&ホワイトカラードバンパー/フォグランプカバー/アルミホイール/車名デカール(バックドア部分)/専用シート(トリコット/ツートン)/インテリアパネル(パワーウインドウスイッチ部・ヒーターコントロールパネル部・グローブボックス上部)

架装オプション

白木目調の床となるタイプIIだけのオプションとして、左右壁側にクオータートリムと称する収納BOXのほか、車中泊やアウトドアユースに便利な、100Ahの補助バッテリーを追加できる。

PRICE LIST
1 クォータートリム 12万4000円
2 補助バッテリー 19万円

ディーラーオプション

1:そこにあるだけで雰囲気が盛り上がる、ルーフラックもホワイトで。長さ2505×幅1555×高さ250mmで、約60kgまで荷物を積める。

2:天井への荷物の積み降ろしにあると便利なラダー。雰囲気向上パーツとしても! 耐荷重80kgのアルミ製。

3:タイプIIのクオータートリムがあれば、ベッドを追加することも可能。状況にあわせ展開、または折り畳みでき、壁側に格納すれば荷室も広がる。

4:U字系のメッキラインが特徴的なグリルは、ボンネットとの連動性も考えればマスト。TOYOTAエンブレムが付属。

5:フロントナンバーを挟むように装着されるメッキバンパーガードは、左右別体。あるとないでは印象段違いだ。

6:ボディサイドに華を添えるフェンダーガーニッシュは拡幅量でなく、ホワイトの縁取りアイテムとして注目を。

専用ボディカラーは3タイプ

ボディカラーもリラクベース専用設定で、今回特撮したライトイエローのほか、黒系とブルー系の2色のメタリックをラインアップ。前後バンパーはホワイト、ボンネット&ピラーはブラックの、全色スリートーンとなる。

ライトイエロー、グレーメタリック、ダークブルーマイカメタリック

(スタイルワゴン 2018年2月号)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ドレナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • you*****|2018/08/05 18:57

    違反報告

    誰がデザインして、誰が採用したの? 50周年でコレで良いの?
  • kum*****|2018/08/04 10:54

    違反報告

    車中泊とかってずーっとエンジンかけっぱなしなんでしょ?車にも環境にも良くない気がするんだけどな。
  • goa*****|2018/08/04 10:34

    違反報告

    知り合いの外人さんから聞いた話じゃが、向こうでは車の中でアレするんじゃって
    毎晩ヒイヒイ言わせてるんじゃって
    外人さんから聞いた話じゃ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します