現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第4回:トルクウエイトレシオがやばい編!!

ここから本文です
カー用品 2018.8.1

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第4回:トルクウエイトレシオがやばい編!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140psは先代に比べてわずか4psの向上だ。しかし、注目はトルク。16.3kgmから23.4kgmと大幅にアップした。車重をトルクで割ったトルクウェイトレシオは41.4kg/kgm。馴染みがない数値だが・・・。

クルマの性能を示すものとしてパワーウエイトレシオがある。
車重÷馬力の数値で、だいたいの運動性能を見極めようという値。
スイフトスポーツの場合、馬力は140psなので、じつは大したことがない。
でも、トルクがすごいのである。
そこでスズキでもトルクウェイトレシオをアピールポイントのひとつにしている。
代表的なスポーティカーとその数値を比べてみると、

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

<トルクウェイトレシオ一覧>
スバル WRX STI・・・35.6kg/kgm
日産 フェアレディ Z34・・・38.6kg/kgm
スズキ 新型スイフトスポーツ ZC33S・・・41.5kg/kgm
ホンダ S2000・・・56.0kg/kgm
トヨタ 86・・・58.9kg/kgm
スズキ スイフトスポーツ(先代) ZC32S・・・64.4kg/kgm
スズキ スイフトスポーツ(先々代)ZC31S・・・70.1kg/kgm

この数値を見てもらえばわかるだろう。
ZC33Sは、とんでもないマシンなのだ!!
しかも、純正タービンらしく、レスポンスはビンビンだぜっ、と雨上がりの夜空に向かって叫びたくなるくらいの好レスポンスなのも見逃せない。

そして、ターボだから、ターボだから、ターボだから、
ちょっといじるといっぱいパワーが出るのだ!!!

現状でECU書き換えで170ps/28.0kgmくらいまでの出力アップが可能になっている。
すでに純正ECU書き換えが可能になっている点もチューニングの観点から見逃せない。
12万円ほどで大幅なパワーアップが可能なのだ。

しかし、問題点もある。
直噴インジェクターの容量だ。
現在のところ、直噴インジェクターの交換用大容量モデルが存在しない。他車種流用も技術的に難しいという。
となると、噴射できるガソリンの量に限りがあり、理論上200psに届かないくらいが限界になるという。
ガソリンさえもっと入れられれば、ビックタービンの採用や、もっとブースト圧をあげるなどのチューニングも可能になる。

交換用直噴インジェクターの開発に期待だ!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部 加茂 新)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します