現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > すごいぞ、新型スイフトスポーツ!!第2回:慣らし運転の是非を問う!! by 田中ミノル先生

ここから本文です
カー用品 2018.7.18

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!!第2回:慣らし運転の是非を問う!! by 田中ミノル先生

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに納車となった編集部ZC33S。走行距離はわずかに13kmだ。加茂としてもここまでのド新車は初めての経験である。しかも、この先、長い付き合いになることは間違いなし。少しでもいい状態を長く保ちたいし、どこぞのショップデモカーにも負けない速さを手に入れたい。となれば、やることはひとつ!! 丁寧な慣らしだ!!

 このとき走行約450km。ここまでのインプレッションでは、ややエンジンはもっさりとしている。シフトタッチも重めで、3速や4速に入れるときに少し引っかかりを感じることが多かった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 現在では慣らしは不要だとか、いやいや1000kmはおとなしく走れとかいろいろあるが、そこで話を聞いたのはミスタースイフト、いやスイフト大好きおじさんこと 田中ミノルさん。
 TMスクエアというスイフト専用パーツブランドを展開する会社の社長であり、昔はレースしてたんだとか……。なんせ歯に衣着せぬ毒舌には定評がありまくる。

 第一声は「なんで慣らしなんてしないといけないんですか!!」と否定派の様子。


ミノルさん「だって僕らがレースで使うエンジンはいきなり全開です!!」
REV加茂  「それってもう回してあるエンジンなんじゃ?」
ミノルさん「うん、エンジンベンチで慣らししてあるんだって」
REV加茂  「ほら(笑)」
ミノルさん「とはいえ、何千kmも慣らしはしません。ベンチで少しまわしてあるだけでしょ。そんな神経質になってゆっくり走るとかは全く必要ありません”ゼッタイです”」と。

でも、以下の3箇条は気をつけてほしいという

●新車時ほどクリアランスが狭いからいいオイルを!!

ミノルさん「だって最近のエンジンはクリアランスゼロでしょ。ってことは新車時ほどキツキツで削れやすいわけだから、良いオイルで守ろうということ。慣らしだから安いオイルでいいやというのにはまったく賛同できません!!」

●ある程度の切り粉が出るのでオイルは早めに交換を!!

ミノルさん「特別な慣らし運転は不要と思いますが切り粉が出るのは事実。とくにミッションやデフはいっぱいでます!! 切り粉が出なくなるまで早めにオイルを何度か交換してあげましょう」

●オイルフィルターは毎回必ず交換!!
ミノルさん「フィルターも必ず交換しましょう」
REV加茂 「自分ちのフィルターが売れて儲かるからでしょ?」
ミノルさん「違います!!! ほんとカモチンって失礼だよね。いいですか、新油に古いオイルが少しでも混ざったら性能は古いオイルに大幅に近づきます!! コップに入ったきれいな水にスプーン1杯泥水入れたら、全部泥水になっちゃうでしょ!! それと同じです」
とのこと。結局オイルは早く変えたほうがいいのね。

 というわけで、レブ号はこのとき約450kmを走行。エンジンとミッションオイルともに田中ミノル氏開発のオリジナルオイルを注入。
エンジンオイルは5W-40とフィルターもオリジナル品に交換。ミッションオイルはFF-315とした。

 エンジンオイルは交換直後からエンジンが軽くなったのを体感。さらに強いインパクトがあったのがミッション。これまで3速/4速がやや引っかかる感じがあったが、オイル交換後は完全にスムーズになった。
 うーん、ビリオンオイルズなかなかやるなぁ~。
 とりあえず、1000kmまではこのオイルで、不要と言われたけど、あまり負荷をかけないように走っています(加茂)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部 加茂 新)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tdr*****|2018/07/19 12:09

    違反報告

    永遠に慣らし運転の俺…
  • wak*****|2018/07/19 12:38

    違反報告

    ギヤの入りが悪いクルマのオーナー見ると、シフト操作が乱暴というか力まかせというか。
    操作回数多い所だし
    気持ち良くスコッ♪
    と入るの感じながら運転したいですね。
  • ken*****|2018/07/19 18:49

    違反報告

    機械物に、慣らしが不要だという意見には絶対に反対。

    数十年前に比べれば、各部品の仕上がり精度は格段に上がっています。
    車の場合、共通部品も多数あり、それらは数万、数十万単位で製造されます。
    公差は±100分の数ミリくらいでしょうか。
    50年前では有り得ない精度です。
    素材や熱処理も良くなっていますので、金属粉も少なくなっている事でしょう。

    が、あくまで静止状態での精度。
    駆動する、負荷がかかる、振動するといった条件が加われば話は別。
    特に車の場合、回転運動に路面からの振動が加わりますので、機械物としては過酷な条件。
    慣らしが不要だとは、到底思われません。

    新車から1000キロ以内でオイル、フィルター交換。
    その際は、記事にある通り高性能オイルに。
    常用域(3000回転くらいでしょうか)で1000~2000キロ走行。
    その後、3000キロ以内でオイル、フィルター交換。

    私の慣らし運転です。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します