現在位置: carview! > ニュース > イベント > 関東・東北を駆けるクラシックカーラリー「ラ・フェスタ ミッレミリア」ポルシェ ミュージアムの4台エントリー

ここから本文です
イベント 2018.10.11

関東・東北を駆けるクラシックカーラリー「ラ・フェスタ ミッレミリア」ポルシェ ミュージアムの4台エントリー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェ ジャパンとポルシェ ミュージアムは、2018年10月19日(金)から22日(月)に関東および東北を舞台に開催されるクラシックカーラリー「ラ・フェスタ ミッレミリア」に、ミュージアムが所蔵する4台でエントリーすることを発表した。これは2018年、世界中で開催されているポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念するイベント「70Years of Porsche Sportscar」の一環として行うものだ。


今回、ラ・フェスタ ミッレミリアにエントリーするのは「356 1500スピードスター(ゼッケン68)」「550Aスパイダー(ゼッケン69)」「356A 1600Sクーペ(ゼッケン70)」「356B 1600 Super 90 Coupe(ゼッケン71)」の4台。

    アウディ、フォーミュラE2019年シーズン用の新型「e-tron FE05」にはリヤウイングがない!

「550Aスパイダー」ではポルシェ ジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸氏がドライバーを務める。
2017年の東京モーターショーのポルシェ ジャパンブースでも展示された「356 1500スピードスター」のステアリングを握るのは、パリを拠点に活動する世界的なパティシエであり自身もポルシェ356のオーナーである青木定治氏。
「356B 1600 Super 90 Coupe」にはポルシェ ミュージアム館長のアヒム・ステヤスカル氏。
そして、「356A 1600Sクーペ」はミュージアムのコレクション責任者のアレキサンダー・クライン氏が乗り込み、それぞれドイツ人ジャーナリストとペアを組む予定だ。


 

【ラ・フェスタ ミッレミリア】

今年で21回目を迎えるラ・フェスタ ミッレミリアは、原宿をスタートして公道を1600km走るクラシックカーカーラリーとして1997年より毎年開催されている。アジアでは国際クラシックカー連盟から公認されている唯一のイベントとしても知られる。
 
ラ・フェスタ ミッレミリア 公式サイト
ポルシェ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します