現在位置: carview! > ニュース > イベント > 3Dプリンターで生産終了部品も製造可能に 日本HPとSOLIZE Productsが協力開始

ここから本文です
イベント 2018.7.10

3Dプリンターで生産終了部品も製造可能に 日本HPとSOLIZE Productsが協力開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本HP(本社:東京都江東区)は2018年7月6日、3Dプリンティングによる試作モデル製作事業、3Dプリンター販売事業を行うSOLIZE Products株式会社(本社:神奈川県大和市)が、HPの3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入、日本HPと協力し自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産や管理に関するコンサルティングサービスを開始することを発表した。

自動車や家電メーカーは、廃番やモデルチェンジなどによる本体の生産終了後も、修理や交換用に補給部品を提供する体制をとることが多い。しかし、そのためにメーカーは製品毎に異なる補給部品の金型や在庫を保管しなければならず、管理コストやメンテナンス工数などの問題も発生する。
しかし、HPの「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を活用することで製造業のコストを削減、高品質な部品を短時間で提供可能になるという。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

SOLIZE Productsは、データ作成から材料選択、工法提案、品質管理およびエンジニアリングを含めた3Dプリント試作品技術支援サービスを提供し、日本HPと協力し3Dプリンティングソリューションを活用したコンサルティングサービスを開始する。これは補給部品を従来工法ではなく、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」によりオンデマンドで直接造形することで、金型の管理コストやメンテナンス工数を大幅に削減することを目指していく。

【SOLIZE Productsによる
 「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」
 を活用した補給部品の製造例】

自動車のホイールセンターキャップの場合、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」では、16時間(後処理工程を除く)で480個のパーツ造形が可能となり、高い生産性を実現する。

また、SOLIZE Productは、7月11日(水)~13日(金)にポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」に出展、「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」で造形した様々なサンプルを展示予定だ。

【出展概要】

・出展製品:
 MBDエンジニアリングサービス
 プロトタイピングエンジニアリングサービス<金属造形> など
 ※SOLIZE、SOLIZE Engineeringなどと共同出展
・ブース番号:No.126

【人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋 開催概要】

・会期:2018年7月11日(水)~13日(金)
 10:00~18:00(13日は17:00まで)
・開催場所:ポートメッセなごや
・公式サイト:https://expo-nagoya.jsae.or.jp/

HP 3D プリンター&プリンティングソリューション(日本HP)

日本HP 公式サイト
SOLIZE Products 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します