サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「壁にぶち当たっているような感覚」Q2敗退のベッテルが苦しい胸の内を吐露

ここから本文です
 F1第4戦イギリスGPで苦戦を強いられたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、同じくシルバーストンで行なわれる第5戦F1 70周年記念GPでの巻き返しが期待されていた。しかしながら迎えた予選では、チームメイトのシャルル・ルクレールが8番手となった一方で、今季2度目のQ2敗退を喫してしまった。

 ベッテルは予選を12番手で終えたが、エステバン・オコン(ルノー)が3グリッド降格ペナルティを受けたため、決勝は11番グリッドからスタートする。

おすすめのニュース

サイトトップへ