サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1分析】新型コロナウイルス対策は万全! ”新様式”に適応した新しいF1はどうなる?

ここから本文です

【F1分析】新型コロナウイルス対策は万全! ”新様式”に適応した新しいF1はどうなる?

【F1分析】新型コロナウイルス対策は万全! ”新様式”に適応した新しいF1はどうなる?

 2020年のF1は、7月5日に決勝レースが行なわれるオーストリアGPで、いよいよ開幕を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、前半戦は軒並み中止もしくは延期。当初の予定とは一変した改訂版の開催スケジュールが組まれた。

 そんな状況でも、いざレースが始まってしまえば、例年同様の激しい戦いが繰り広げられることになるはずだ。とはいえ、新型コロナウイルス対策として、これまでとは異なる作業手順が組まれていて、F1に関わる関係者は、”新たな通常”に適応する必要性に迫られる。

■いよいよ開幕のF1。チームスタッフにとって”最大の敵”は、常にマスクを着けること?

 では、その”新しい通常”下でのF1は、どんな形になるのだろうか?

■無観客レース

 新型コロナウイルスの感染拡大は、一部の国・地域では鎮静化の兆しを見せている。しかし世界的に見ればまだまだ感染は拡大の一途を辿っており、罹患するリスクは一掃できていない。そのため、7月に開幕したとしても、少なくとも序盤の数戦に関しては、ファンがサーキットでレースを観戦することは許されない。

 その代わりにF1は、観客やゲスト、スポンサーなどの立ち入りを許可しない、無観客でのレースを実施しようとしている。チーム関係者などそれ以外のスタッフについても、これまでと比較して大幅に人数を削減する方針だ。

 チームのスタッフ数は80人に制限され、グランプリを取材できるメディアの人数も、大幅に減らされることになる。現場に行くことができるメディア関係者でさえも、パドックやピットに立ち入ることはできない。またインタビューは、ソーシャルディスタンスを完全に遵守して行なわれることになる。

 ヨーロッパラウンドの”華”とも言えるモーターホームも、今年は使用機会が限定的なモノになる。サーキットの設備を使った方が、ウイルスの感染拡大を制御しやすいと考えられているからだ。また、サーキットに入場する全員が、マスクを装着することを義務付けられることになる。

■ソーシャルバブル

 グランプリに参加する全てのF1関係者は、イベント中のみならず、イベント前も厳格な指示に従う必要があり、その全員がFIAの行動規範に署名することを求められる。

 パドックとピットレーンで働くチームメンバーは、渡航前に新型コロナウイルスの検査を受け、陰性であることを確認しておく必要がある。また、その後も5日ごとに検査を受けることになる。

 さらにサーキットに訪れる関係者は、特別に設計されたアプリを使用することが求められ、もしサーキット内で感染者が確認された場合には、誰と濃厚接触したかをすぐに知ることができるようにするという。

 チームメンバーは、ライバルチームのスタッフと接触することも許されない。また、必要不可欠な人以外との接触を避けるため”ソーシャルバブル”の中でのみ活動することを厳守する必要がある。

 FIAは最近発表された文章で、次のように語っている。

「グループ間でのウイルスの感染を軽減するためには、グループ同士で交流する数を最小限に抑える必要がある」

「グループ間の交流が避けられない場合には、安全面や競技の管理、そして競技参加者の能力を過度なリスクに晒すことなく、ソーシャルディスタンスを尊重するか、ウイルス感染のリスクを軽減するための個人用防護具(PPE)を装着する必要がある」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します