サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスとレッドブルで別れたタイヤ戦略……ポルトガルGPの”正解”はどっち??

ここから本文です

 F1ポルトガルGPの決勝レースは、フロントロウにメルセデスの2台、セカンドロウにレッドブルの2台が並び、熾烈な優勝争いを繰り広げることになると予想されている。しかし両チームは予選までのタイヤ戦略が異なったため、残りの新品タイヤのセット数が違うという状況で決勝を迎える。

 このことが、勝負の運命を分けることになるかもしれない。

■ハミルトン、通算100回目のポールはお預け。”混乱した”予選で「良いラップは1回だけだった」

 スタート時に履くのは、いずれのチームもミディアムタイヤ。そして1ストップでレースを走り切るものとみられている。しかしメルセデスとレッドブルは、第2スティントで履くタイヤが異なる可能性がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ