サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カタルニア・サーキット、F1&MotoGPと契約延長で合意。2026年まで開催へ

ここから本文です

 スペインのカタルニア・サーキットは、1991年からF1グランプリ開催を続けているが、2026年まで開催を継続することが発表された。

 現在のカレンダーの中でも、長く開催が続いているカタルニアでのグランプリだが、このサーキットでの開催には地元自治体の関与が深く、財政的な不安要素もあり、ここ数年は長期的な開催の目処が立っていなかった。

【MotoGPコラム】“46”がMotoGPから去った日……現役引退レースの「明るい終わり方」にロッシの象徴を見る

 しかし、地元当局とサーキット側は新たな合意に達し、その結果2026年までの開催で合意に達したという。また今回の契約延長にあたって、F1は会場をより近代的にする改修を行なう予定だと強調している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン