サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 天才デザイナーのゴードン・マレーが究極のマシン「T.50」を発表。V12で超軽量1トン切り!?

ここから本文です
英ゴードン・マレー・オートモーティブは8月4日、同ブランド初の市販ハイパーカー「T.50」をオンライン上でワールドプレミアした。

レーシングエンジニアとして50年を超えるキャリアを持ち、多くのチャンピオンシップマシンを手がけたゴードン・マレー。一方で、彼はロードカーデザイナーとしても活躍し、名車「マクラーレンF1」などで卓越した手腕を発揮してきた。そして、2017年に自らゴードン・マレー・オートモーティブを立ち上げると、究極のスポーツカー製作という目標に向け邁進してきたが、ついにその成果が今回発表されたT.50というわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ