サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、栃木県真岡市のエンジン部品製造工場を2025年に閉鎖 老朽化や生産量減少で

ここから本文です

 ホンダは4日、栃木県真岡市でエンジン部品やミッション部品を生産するパワートレインユニット製造部を2025年に閉鎖すると発表した。パワーユニット部品の現地調達が進んだことで輸出向けの生産量が減ったほか、電動化などに伴って生産品目が減少していたため。跡地の利用については未定。

 同拠点はエンジンバルブの生産拠点として1970年12月に設立。クランクシャフトやドライブシャフトなど生産部品を拡大してきた。

ホンダ、2040年に新車販売すべてをEVとFCVへ 2024年には軽自動車のEVも投入

 一方、足元では生産ボリュームが縮小。老朽化が進んでいたこともあり、同拠点での生産を終了することを決めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン