サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ホンダのマルク・マルケス、2024年までHRCとの契約を延長「成功し続ける自信がある」

ここから本文です

MotoGP:ホンダのマルク・マルケス、2024年までHRCとの契約を延長「成功し続ける自信がある」

MotoGP:ホンダのマルク・マルケス、2024年までHRCとの契約を延長「成功し続ける自信がある」

 株式会社ホンダ・レーシング(HRC)は、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに、レプソル・ホンダ・チームから参戦しているマルク・マルケスと2021年から4年間、契約更新の合意に至ったことを発表した。

 マルケスは、2008年に125ccクラスでロードレース世界選手権デビューを果たすと、2010年に王者に輝く。2011年にMoto2クラスに昇格すると参戦2年目にチャンピオンを獲得した。

MotoGP:マルケス兄弟擁すレプソル・ホンダがインドネシアで体制発表。20年型RC213Vもアンベイル

 そして、2013年にホンダの名門チームであるレプソル・ホンダ・チームのライダーに抜擢され、MotoGPクラスにステップアップした。最高峰クラスでは初年度に史上最年少王者になると、2014年には開幕10連勝を含む、年間13勝を挙げ2年連続でチャンピオンを奪取する。

 2015年は、当時ヤマハから参戦していたホルヘ・ロレンソにタイトルを奪われランキング3位となったが、2016年からは4年連続でチャンピオンに返り咲いた。これまでMotoGPクラスで史上最多となる通算62度のポールポジションを獲得し、通算56度の優勝をしている。

 そんなマルケスは今回、2020年までだった契約を延長し、2024年までホンダのワークスチームでホンダRC213Vを駆り戦うことが決まったとHRCが明かした。

 マルケスは「HRCとの契約の4年間更新について発表できたことを誇りに思う。2013年にホンダは、最高峰クラスをワークスマシンで闘うチャンスを与えてくれた。MotoGPクラスデビュー以来、ホンダとともに数々の勝利を得た」とコメントしている。

「今後もホンダファミリーの一員でい続けられることを光栄に思う。HRCの強力なサポートのおかげで、このパートナーシップを更新し、共通のゴールを追い続け、成功のストーリーを作り続ける自信があるんだ」

 HRCの代表取締役社長である野村欣滋氏は「マルク・マルケス選手を、来年から4シーズンにわたり、引き続きワークスチームの一員として迎えられることを大変うれしく思っています」と語る。

「数カ月前からマルケス選手と話し合い、共に勝ち続ける意思を再確認いたしました。マルケス選手は2013年に最高峰クラスにデビューして以来、7年のうち6回チャンピオンに輝き、我々ホンダに数多くのタイトルをもたらしてくれました。唯一無比のチャンピオンですので、我々もそれに負けないよう応えていきます」

「このパートナーシップに自信を持っています。また今後とも関係者全員の成功を祈っています」

 最高峰クラスMotoGPで6度のタイトルホルダーであるマルケス。2024年まで王者に君臨し続けるのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します