サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン「ピットイン後のペースが遅すぎて、ライバルについて行けなかった」:アルファロメオ F1第4戦決勝

ここから本文です

 2020年F1第4戦イギリスGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは14位、終盤にフロントウイングを破損したキミ・ライコネンは17位だった。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=14位
 とても難しいレースになったけど、できる限りのことはやったと思っている。いいスタートでいくつか順位を上げたあと、クルーが文句なしのピットストップを決めてくれたおかげで、さらにひとつポジションを稼いだ。

ベッテル10位「誰とも戦うことができず、自信が低下している」フェラーリ【F1第4戦決勝】

 ところが、2回目のセーフティーカー以降は、ペースが上がらずに苦しんだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ