サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ育成のシュワルツマンが2勝目。佐藤万璃音はトラブルに泣く【FIA-F2第4戦イギリス レース1】

ここから本文です

 7月17日(土)、2021年FIA-F2第4戦イギリスのスプリントレース1(決勝レース1)が開催され、ロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)が優勝し今季2勝目。佐藤万璃音(トライデント)は4周ラップダウンの18位フィニッシュも完走扱いとはならなかった。

 予選トップ10にリバースグリッドが適用されるレース1では、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)がポールスタートに。2番手は3連勝がかかるユーリ・ビップス(ハイテックGP)、3番手はロイ・ニッサニー(ダムス)、4番手はシュワルツマン、佐藤は21番グリッドスタートとなった。

アルピーヌ育成のピアストリが最速。佐藤万璃音は21番手【順位結果】FIA-F2第4戦イギリス予選

 周回数は21周。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン