サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

ここから本文です
 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)だ。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=10位
 最後の2周を迎えるまでは、あまり大きな出来事のないレースだった。何とか1点を持ち帰ることができて良かったよ。驚いたのは、オーバーテイクがとても難しかったことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン