サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、“オーストリア2連戦”は同士討ちで最悪の幕切れに「今はドライバーを批判している場合ではない」とビノット代表

ここから本文です
 2020年シーズンのF1開幕戦オーストリアGPで、苦しみながらもシャルル・ルクレールが2位を獲得したフェラーリ。同じサーキットで行なわれた第2戦シュタイアーマルクGPは目も当てられない結果となってしまった。

 フェラーリは開幕戦同様に予選から苦しみ、セバスチャン・ベッテルが10番グリッド、ルクレールがペナルティもあり14番グリッドからのスタートとなった。スタート直後に近い位置にいたふたりは、ターン3で接近。その際にルクレールはイン側の縁石に乗ってマシンが跳ねる形となり、アウト側にいるベッテルのリヤに突っ込んでしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ