サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1分析】開幕2戦で露呈した“移籍組”の低調ぶり。なぜ彼らはここまで苦しんでいるのか?

ここから本文です
 2021年シーズンのF1はここまで2レースが終了したが、その中で露呈した事実のひとつに、今季新たなチームで開幕を迎えた“移籍組”のドライバーが軒並み適応に苦しんでいる、ということがある。

 ここで言う“移籍組”のドライバーはセルジオ・ペレス(レッドブル)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)の5名。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン