サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1首脳、印象的なデビューを飾った角田に「日本人として初めてF1で勝てると確信」

ここから本文です
 レッドブル・モータースポーツアドバイザーでドライバー育成責任者を務めるヘルムート・マルコがドイツの放送局RTLのインタビューを受け、「角田(裕毅)が表彰台に立つ姿をすぐに見ることが出来るだろう」と語った。

 レッドブルのドライバー育成責任者として、日本のFIA-F4に参戦していた頃から角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)に目をかけ、FIA-F3、FIA-F2とステップアップしていくのを見守ってきたヘルムート・マルコ。ドイツの放送局RTLによるインタビューでマルコは「裕毅は日本人として初めてF1で勝つと確信している」とコメントし、彼のデビュー戦となるバーレーンGPを振り返った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン