サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12

ここから本文です

夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12

アヴェンタドール最終モデル「ウルティメ」登場

 一つの時代が終わろうとしている。「究極」という名のアヴェンタドールが発表された。正確には「LP780−4ウルティメ」。その数字が示す通り、780hpを誇る自然吸気V型12気筒エンジンを積んだモデルであり、2011年の登場から10年の長きにわたってフラッグシップを務め上げたアヴェンタドールの最後を記念する限定車である。生産台数は世界限定600台(クーペ350台/ロードスター250台)になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ