サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1の冷却能力不足は”基本設計”が原因「パッケージング追求のあまり……楽観的すぎた」

ここから本文です

 F1第9戦オーストリアGPでオーバーヒートに苦しみ、昨年からの連勝が10で止まったメルセデス。その原因は、2019年用マシン『W10』の基本設計が”楽観的”過ぎたことだという。

 マシンの冷却が追いつかず、パワーを抑えざるを得なかったメルセデスは、バルテリ・ボッタスが3位、ルイス・ハミルトンが5位でオーストリアGPを終えた。

【動画】F1第9戦オーストリアGP:決勝ハイライト

 チーム代表のトト・ウルフは、レース後に冷却能力がマシンの”アキレス腱”であり、シーズン初めから問題を抱えていると認めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ