サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年F1第2戦でフェルスタッペン快勝も「レースを支配したとは言えない」と謙虚な理由【モータースポーツ】

ここから本文です
2021年4月18日に開催されたF1第2戦エミリア・ロマーニャGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝を飾った。開幕戦では予選でメルセデスを圧倒してポールポジションを獲得したのに決勝では2位、今回はポールポジションを奪われたのに快勝。これはどういうことだったのか。なぜ開幕戦のように予選で圧倒できなかったのか。なぜ今回のレースでは勝てたのか。エミリア・ロマーニャGPを振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ