サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 中上貴晶「最高の結果ではないが、最後まで積極的な走りができた」/MotoGP第13戦アラゴンGP決勝

ここから本文です

 9月12日、2021年MotoGP第13戦アラゴンGP MotoGPクラスの決勝がスペインのモーターランド・アラゴンで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は10位入賞を果たした。

 決勝日のモーターランド・アラゴンは、最高気温が30℃まで上昇。週末を通してもっとも暑い日となり路面温度も48度まで上昇した。ライダー、そしてタイヤにとっても厳しい1日となった。

初優勝のバニャイア、M.マルケスとの優勝争いでは「彼はラインを外すだろうと思っていた」/MotoGP第13戦決勝トップ3コメント

 11番グリッドから決勝レースに臨んだ中上だが、序盤の順位は変わらず11番手を走行。

おすすめのニュース

サイトトップへ