サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【20年の提携にピリオドか】日産 ルノーとのアライアンス解消に向けた計画を加速化

ここから本文です

【20年の提携にピリオドか】日産 ルノーとのアライアンス解消に向けた計画を加速化

【20年の提携にピリオドか】日産 ルノーとのアライアンス解消に向けた計画を加速化

アライアンス解消に向けた計画

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

【画像】日産ノートeパワー ルノー・クリオ(ルーテシア)E-TECH【比べる】 全12枚

カルロス・ゴーンの不正疑惑による影響が続く中、日産はルノーとのアライアンスパートナーシップの解消に向けた計画を進めているようだ。

昨年末、ゴーンが日本から逃れて以来、計画が加速していると伝えられている。

フィナンシャル・タイムズは、計画には、技術と生産部門における両社の協力の解消と、日産の取締役会への変更が含まれると報じている。

パートナーシップの解消により、両社は研究開発コストの上昇と、売上の減少に直面する。

今後、競争力を維持するために、ほかのパートナーシップを構築する可能性があるだろう。

PSAとFCA(昨年ルノーとの合併に失敗)、フォルクスワーゲンとフォードなどの新しい提携が有利な関係を構築する中、厳しい状況は避けられそうにない。

関係改善のための努力が行われているが、この年間生産1000万台を誇るアライアンスの関係は悪化していると、フィナンシャル・タイムズは報じている。

ルノーの会長、ジャン・ドミニク・スナールは、良好な関係をアピールするため、数週間のうちに、いくつかの共同プロジェクトを発表すると述べている。

一方で、スナールの提案する統合のアイディアは、日産の一般従業員から歓迎されていなと言われている。

また日産の経営者の多くは、ルノーがその成功の足かせとなっていると考えている。

計画が実行されれば、ゴーンが主導して創設され、20年近く続いたアライアンスが終わることとなる。

日本出国後の記者会見でゴーンは、彼を逮捕するために、日産の幹部が日本政府と調整をおこなったと主張している。

その理由についてゴーンは、ルノーがアライアンス内で重要な決定権をもつことに、日産は不満を抱いていたと述べている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します