サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ勢は波乱含み。アズコナ、ハフのクプラ艦隊連勝も、エルラシェールが連覇達成/WTCR最終戦

ここから本文です

ホンダ勢は波乱含み。アズコナ、ハフのクプラ艦隊連勝も、エルラシェールが連覇達成/WTCR最終戦

ホンダ勢は波乱含み。アズコナ、ハフのクプラ艦隊連勝も、エルラシェールが連覇達成/WTCR最終戦

 開催地の紆余曲折を経て、2021年シーズンフィナーレを飾るWTCR世界ツーリングカー・カップ第8戦が、11月27~28日にロシアのソチ・オートドロームで開催され、悪天候に翻弄された週末はホンダ勢が急遽の体調不良やクラッシュにより撤退するなど波乱続出。レース自体も荒れた展開となるなか、直前のBoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)改訂で競争力を増した今季の欧州選手権王者ミケル・アズコナ、元世界王者ロブ・ハフ(クプラ・レオン・コンペティションTCR/ゼングー・モータースポーツ・サービスKFT)のクプラ艦隊が連勝。しかしレース1を6位でフィニッシュしたディフェンディングチャンピオンのヤン・エルラシェール(リンク&コー03 TCR/シアン・レーシング・リンク&コー)が防衛を決め、2年連続の王者に輝いている。

 前戦イタリアの週末を前に現役引退を表明した“鉄人”ガブリエル・タルキーニ(ヒュンダイ・エラントラN TCR/BRCヒュンダイN・ルクオイル・スクアドラ・コルセ)のラストレース、そして地元ロシア発のマニュファクチャラー『ラーダ』ブランドで長年ツーリングカー・シリーズを戦っているラーダ・スポーツ・ロスネフチのワイルドカード参戦など話題が盛り沢山となった2021年WTCR最終戦は、幾度ものカレンダー変更を経たシーズンを象徴する混沌とした展開となった。

TCRスペイン最終戦はゲストのミケル・アズコナが貫禄の3連勝。マイク・ハルダーが初代王者に

 最初のセッションとなったFP1では、前回のイタリア同様に参戦全モデル中で最軽量の第2世代アウディRS3 LMSをドライブするジル・マグナス(アウディRS3 LMS/コムトゥユー・チーム・アウディスポーツ)最速で幕を開けたが、続くウエットのFP2では王者エルラシェールが逆襲し、タイトル防衛への意欲を見せる。

 これでリンク&コー03 TCRが「遅くはない」ことを証明したシアン・レーシングは、予選で“チャンピオンの叔父”でもあるイバン・ミューラー(リンク&コー03 TCR/シアン・レーシング・リンク&コー)がポールポジションを獲得。フロントロウ2番手には40kgもの重量削減を受けたアズコナのクプラ・レオン・コンペティションTCRが続いた。

 その一方、同じく20kgの削減措置を受けたFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRだが、ティアゴ・モンテイロが練習走行を前に健康状態悪化を理由に走行をキャンセル。チームは「ティアゴは練習前に気分が悪くなり、サーキットメディカルセンターを訪れた後、細菌性胸部感染症の治療を受けるために病院に移送されました。彼は元気です」とのリリースを出し、オールインクルーシブ・ミュニッヒ・モータースポーツとしては軽量化なったアドバンテージを活かすことなく1台を失うこととなった。

 日曜現地12時15分開始のレース1を前に、ソチの天候は回復を見せることなく荒れ続け、大雨によるヘビーウエットコンディションと化したトラック上は、グリップばかりか視界まで奪う厳しい条件に。

■レース2は警告やペナルティが続出する肉弾戦に
 まず予選トップ10リバースポール発進のマグナスがジャン-カール・ベルネイ(ヒュンダイ・エラントラN TCR/エングスター・ヒュンダイN・リキモリ・レーシング・チーム)との競り合いを制し首位を堅持したものの、戦前からの悪い予感はオープニングラップで早くも現実のものに。

 その背後で3番手争いを繰り広げていたエステバン・グエリエリ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/オールインクルーシブ・ミュニッヒ・モータースポーツ)は、フレデリック・バービッシュ(アウディRS3 LMS/コムトゥユー・チーム・アウディスポーツ)と絡んでアウト側のウォールにクラッシュ。これで1周も終えぬうちにセーフティカー(SC)が出動する。

 大破したグエリエリのシビックは2時間後のレース2までには修復不能と判断され、この時点で最終ラウンドからの撤退を決断。これでホンダ勢は同じ週末で2台目も失う結果となってしまう。

 4周目に再開されたレースは11周に短縮され、ここからは5番手にいたアズコナが躍進。僚友ハフ、続いてマグナス、バービッシュとアウディ勢を料理すると、ワイパーの機能不調に陥っていたベルネイを最終ラップにオーバーテイク。TCRヨーロッパで2冠目を獲得したばかりのアズコナが、ようやくWTCRでの今季初優勝を手にした。

 その後方で、苦難続きのレース展開を慎重に見極め静かなペースを維持したエルラシェールは6位でチェッカーをくぐり、晴れて2021年のドライバーズチャンピオンを確定させた。

「チャンピオンになるのは本当に気持ちの良いものだね。プレッシャーとの向き合い方に関しても、その道の大ベテランであるイバンの存在と助言が本当に助けになった」と、25歳の若さで世界戦連覇を成し遂げたエルラシェール。

「この結果は改めて驚くべきことだ。後になってその大きさに気付くような類のことだと思う。シーズンを通して非常に多くのプレッシャーがあり、長い年月の作業を経てようやく精神が解放される、そのことが今はとてもうれしいんだ」

 続くレース2はスチュワードよる警告やペナルティが続出する、悪い意味での肉弾戦となり、サンティアゴ・ウルティア(リンク&コー03 TCR/シアン・パフォーマンス・リンク&コー)らと首位争いを展開したミューラーはリスタートでアズコナをヒットしてリタイアに追い込み4点のペナルティポイントを加算。

 そのウルティアもベルネイらと絡んだ1周目のアクシデントで責任を問われ2点のペナルティ、そして“フィナーレ”を飾るはずだったタルキーニは、ジョルディ・ジェネ(クプラ・レオン・コンペティションTCR/ゼングー・モータースポーツ・サービスKFT)を後ろから攻撃し、自らもダメージを負う失態を犯すことに。この結果、引退後の2022年にはペナルティとして社会的義務を果たすように指示され、イベント中にマーシャルとのブリーフィングに出席することを言い渡された。

 最終的に、こちらも苦難のシーズンを過ごした2012年のWTCC世界ツーリングカー選手権王者であるハフが、レース1のリタイアから蘇り「彼らは本当にものの1分でサスペンションを修復した。勝てて本当に本当に幸せだし、この勝利をチームに捧げたい」と有終の美を飾っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します