サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン代表、レッドブルの”マーシャル非難”発言に反応「リスペクトを持ち続けるのが大切」

ここから本文です

 F1カタールGPの決勝レース後、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マーシャルを非難したとしてスチュワードから呼び出しを受け、戒告処分を受けた。

 これについてマクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、コース外のドラマもF1の魅力の一部であると認めつつも、越えてはいけない一線があると語った。

■”マーシャル非難”発言で戒告、レッドブルのホーナー代表「今後も率直な話し方を変えるつもりはない」

「現在起きている全てのことを見ると、明らかに多くの問題がある」

 ザイドル代表は、タイトル争いというプレッシャーは、自らが置かれている状況とは異なるとしながら、次のように続けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ