サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 凝りに凝った軽の名作! スバルR2 一代限りで消えた挑戦【偉大な生産終了車】

ここから本文です

凝りに凝った軽の名作! スバルR2 一代限りで消えた挑戦【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

次期型開発中は間違いなし! スバル スポーツセダンの雄「WRX」はどうなるか!?

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はスバル R2(2003-2010)をご紹介します。

【画像ギャラリー】洗練された内装やカラーバリエーションにも注目!!! スバルR2の画像をギャラリーで見る(30枚)

文/伊達軍曹、写真/SUBARU

■流れるようなデザインと軽とは思えないほど上質な乗り味を引っさげ登場したスバルR2

 1993年に登場した初代スズキ ワゴンRが発端となって出来上がった「軽自動車はスペース効率こそが正義」という大きな流れ。

 しかしその流れにあえて背を向け、スペース効率ではなく「デザイン性」と「走行性能」を最重要視した一台として2003年12月に登場。

 されど時代の大きな流れにはあらがえず、一部のコアなファンには大いに愛されたものの、1代限りであっけなく消滅した名作軽自動車。

 それが、スバル R2です。

「新しいミニカーのカタチ」というキャッチコピーを伴って2003年の暮れに発売されたスバル R2は、往年の名作「スバル360」の後継モデルとして1969年にデビューした「R-2」の名を蘇らせたモデル。

スバルR2。全長×全幅×全高は3395mm×1475mm×1520mm。デザインはフィアット、BMWを渡り歩きスバルにヘッドハンティングされたアンドレアス・ザパティナス氏 ※諸説あります

1969年のスバルR-2

 当時主流だったスズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴなどの箱型デザインとは完全に一線を画した、流れるようなフォルムが特徴でした。

 スバルいわく「寸法競争から解き放たれた個性的なスタイリングを最大の特徴」とのことで、全長と全幅は軽規格いっぱいですが、全高は当時のスバル プレオより50mm低い1520mm。一般的な立体駐車場に収まる高さです。

 搭載エンジンは、直列3気筒がほとんどだった軽自動車のなかでは「特殊」といえる658ccの直列4気筒。

 ヘッドユニットと過給器の有無により、SOHC/46psの「i」と、可変バルブタイミング機構付きDOHC16バルブ/54psの「R」、そしてスーパーチャージャー付きDOHC/64psとなる「S」という3つのグレードに別れます。

 トランスミッションは自然吸気エンジン搭載車がCVTまたは5MTで、スーパーチャージャー付きエンジン搭載車は7段シーケンシャルモード付きCVT。

 駆動方式はFFのほか、全グレードにビスカスカップリング式AWDも用意されました。

 スバル R2は足まわりも凝っていました。前後ともストラット/コイルの4輪独立懸架というサスペンション形式はプレオと同じでしたが、フロントロアアームとリアラテラルリンクの延長などによって安定性と快適性の向上が図られ、全グレードの前輪にベンチレーテッド・ディスクブレーキが奢られています。

リアビュー。滑らかなラインと優れた衝突安全性能を併せ持ったワンモーションフォルムを採用

 そのように贅沢な設計で登場したスバル R2は、当然ながら(?)運転という行為自体が大好きな自動車ジャーナリスト諸氏や守旧派の自動車ユーザーの多くを唸らせました。

 しかしその唸りは、一般的な軽自動車購買ユーザーにはほとんど届かず、R2のセールスは低空飛行状態に。

 その状況を打開すべく、スバルはR2の一部改良を繰り返し行い、グレードの追加や特別仕様車の投入なども行いましたが、事態はさほど好転せず。

2005年の改良ではフロントグリルのデザインを変えて話題となった

 そのためスバルは2010年3月をもってR2の受注を終了し、同年8月には販売のほうも終了と相成りました。

■クルマ好きからは高い評価を得るも…R2生産終了の背景

 プロ、アマを問わず「車好き」からは高く評価されたスバル R2がなぜ、1代限りであっけなく生産終了となってしまったのか?

 そこにはさまざまな理由があるはずですが、「軽自動車ユーザーの嗜好を読み間違えた」というのが最大の理由であることは間違いありません。

 本稿の冒頭で述べたとおり、1993年に初代スズキ ワゴンRがデビューして以降の軽自動車界は、明らかに「デザインや走行性能うんぬんではなく、スペース効率の高さこそが命」という方向に向いました。

 いやもちろん、これは初代ワゴンRのデザインや走行性能がイマイチだという話ではありません。初代ワゴンRはデザイン面でも「傑作」だったと思っています。そうではなく「全体の流れ」という話です。

 で、そういった全体の流れに基づいて各社は軽トールワゴンに注力し、スバルも、ヴィヴィオの後継として1998年にトールワゴンタイプの初代プレオをデビューさせました。

 その後、誰もが「次はプレオを正常進化させた形の新しい軽トールワゴンがスバルから発売されるのだろう」と思っていましたが、当のスバルだけはまったく違うことを考えていました。

 前章でも申し上げた「寸法競争から解き放たれた個性的なスタイリングを最大の特徴とする」という軽自動車に、スバルのこだわりである直列4気筒エンジンと4輪独立懸架(のさらなる改良版)を組み合わせれば、世の中の人はこぞってスバル販売店を訪れ、R2を買って帰るだろう――と考えたのです。

 その判断の是非を今、まるで後出しジャンケンのようにとやかく言うつもりはありません。そして個人的には、そのように考えがちなスバルというブランドが大好きであるため、現在の筆者はスバル車を買って乗っています。

 しかし趣味の問題ではなく「経営の問題」としては、R2のマーケティングは結果として大間違いでした。

2+2の4シーターだが後席はミニマム。その設計は人々の志向、「軽に求めるもの」の変化の先とは別のところにあった

「R2は早すぎただけで、もっと後の時代に発売されていたならばヒットしたに違いない」という意見も、10年ほど前には聞かれました。しかしその後の「より一層の軽スーパーハイトワゴン天国」になった軽自動車界の現状を見れば、その意見もまた間違いだったことがわかります。

 ときにマーケットイン(市場のニーズを優先し、顧客の声や視点を重視して商品開発を行うこと)ではなく、プロダクトアウト(作り手がいいと思うものを作り、作ったものを売ること)に走りがちなスバルという会社の悪い部分が出てしまったのが、R2だったといえるでしょう。

 しかしそんなスバルだからこそ、いわゆる「いい車」や「車好きに刺さる車」を作ることができているというのも確かです。マーケットインでしか物事を考えなくなったスバルに未来はないような気がしますし、筆者も、そんなスバル車は買わないと思います。

 だがしかし……。いや車作りや自動車メーカー経営の舵取りというのは、本当に難しいものですね。

■スバル R2 主要諸元
・全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1520mm
・ホイールベース:2360mm
・車重:780kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、658cc
・最高出力:54ps/6400rpm
・最大トルク:6.4kgm/4400rpm
・燃費:22.5km/L(10・15モード)
・価格:112万3500円(2004年式 R 5MT FF)

【画像ギャラリー】洗練された内装やカラーバリエーションにも注目!!! スバルR2の画像をギャラリーで見る(30枚)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します