サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、失速の原因は”アルファタウリのウイングエンドプレート”。フロアの空力台無しに|F1イギリスGP

ここから本文です

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPで首位を走りながらもトラブルによりスローダウンした。これは、姉妹チームであるアルファタウリのフロントウイングエンドプレートが、マシンの床下に食い込んでしまったことが原因だったようだ。

 フェルスタッペンは、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)をオーバーテイクし首位に浮上したが、その直後にパンクだと思われる症状が出て突然スローダウンした。

【動画】F1イギリスGPスタート直後に起きた、戦慄のクラッシュ

 しかし、緊急ピットインでタイヤを交換してもマシンの状態は良くならなかった。後に、空力性能が損なわれていることが判明。

おすすめのニュース

サイトトップへ