サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:タイヤ交換のタイミングを見極めたフェルスタッペン。インラップでは群を抜く速さを披露

ここから本文です

 2021年F1第15戦ロシアGPのレース後、2位でフィニッシュしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、サーキットから帰る途中、ホンダのホスピタリティを通りすぎるとき山本雅史マネージングディレクターとがっちりと握手して、ロシアGPでの表彰台獲得を喜んでいた。

 なぜ、最後尾からスタートしたフェルスタッペンが2位になったのか。もちろん、その要因のひとつはレース終盤に雨が降ったからだ。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はこう説明した。

レッドブル代表「今日の2位は勝利のように感じる。決め手となったタイヤ選択はドライバーに委ねた」/F1第15戦

「残り6周か7周の段階では、そんなことが可能とは思えなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ