現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン・パサートにハイパフォーマンスな「2.0TSI R-Line」登場!

ここから本文です

フォルクスワーゲン・パサートにハイパフォーマンスな「2.0TSI R-Line」登場!

掲載 更新
フォルクスワーゲン・パサートにハイパフォーマンスな「2.0TSI R-Line」登場!

ゴルフGITと同じ220馬力のユニットを搭載

フォルクスワーゲンの上級モデル「パサート(Passart)」に、新たなグレード「2.0TSI R-Line」が設定された。

【今さら聞けない】VWのディーゼル問題はどう決着したのか

パサートはセダンと、ヴァリアント(Variant)と呼ばれるワゴンの2ボディタイプで展開するアッパーミドルクラスシリーズ。

これまではダウンサイジングエンジンである1.4リッターの直噴ターボ(150馬力/150N・m)を搭載していた。今回追加された「2.0TSI R-Line」は、そのグレード名が示すとおり2リッターターボエンジンを積む。このユニットはゴルフのスポーティグレードGTIと同じ220馬力/350N・mを発揮。Rの称号にふさわしいパワフルな走りをもたらす。

さらに注目はアダプティブシャシーコントロールのDCCを標準装備したこと。コンフォート/ノーマル/スポーツなどのモードが選択でき、モードによってダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性が変化する。シーンに応じて最適な走りが実現できるのだ。

スポーティグレードでありながら安全装備も抜かりはない。プリクラッシュブレーキシステムやレーンキープアシスト、ドライバー疲労検知システムなどの全方位安全を標準で装備する。

さらにフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」も標準。スマートフォンなどの通信機器を介して専用サーバにアクセスし、交通情報を得てより最適なルート案内が可能になったり、駐車場の空き情報やガソリンスタンドの料金などを事前に知ることができるシステムだ。

もちろん、R-Line専用のフロントバンパーやリヤバンパー、サイドスカートなどを装備した外観、専用ナパレザーシート、アルミ調ペダルクラスター、レザーマルチファンクションステアリングなどで彩られる内装により、通常モデルとの差別化も図られている。

主要装備 【安全】 ●プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付) ●レーンキープアシストシステム“Lane Assist” ●レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus” ●プロアクティブ・オキュパント・プロテクション ●ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System” ●ポストコリジョンブレーキシステム ●リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能) ●フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ(運転席)、サイドエアバッグ(前席/後席)、 カーテンエアバッグ

【機能】 ●アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付) ●渋滞時追従支援システム“Traffic Assist” ●Start/Stop システム/ブレーキエネルギー回生システム ●リヤビューカメラ“Rear Assist” ●LED ヘッドライト(オートハイトコントロール機能/LED ポジションランプ・LED ターンシグナル付) ●オートライトシステム/ダイナミックコーナリングライト/ヘッドライトウォッシャー ●Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro” ●モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”/テレマティクス機能“Guide & Inform”) ●3 ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席/2列目独立調整・自動内気循環機能付) 2/3 ●アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入チャコールフィルター) ●オートホールド機能(ヒルホルダー機能付)/エレクトロニックパーキングブレーキ ●ドライビングプロファイル機能

【外装】 ●クロームパッケージ(フロントグリルルーバー/エアインテークフレーム&ルーバー/サイド&リヤモールディング/サイドウインドー) ●ツインエキゾーストフィニッシャー ●R-Line 専用エクステリア(フロントグリル/フロント&リヤバンパー/サイドスカート/リヤスポイラー) ※リヤスポイラーはヴァリアントのみ ●シルバールーフレール ※ヴァリアントのみ

【内装】 ●アルミニウムデコラティブパネル ●R-Line 専用ナパレザーシート ●R-Line 専用レザー3 本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付) ●R-Line 専用ドアシルプレート ●アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ) ●シートマッサージ機能(運転席)/シートヒーター(運転席/助手席)

【足回り】 ●235/40 R19 モビリティタイヤ/8JX19 アルミホイール(10 ダブルスポーク) ●アダプティブシャシーコントロール“DCC” /電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
乗りものニュース
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
VAGUE
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!?  5500万超えの最強モデルとは
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!? 5500万超えの最強モデルとは
くるまのニュース
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
motorsport.com 日本版
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
モーサイ
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
AUTOSPORT web
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
motorsport.com 日本版
スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
くるまのニュース
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
motorsport.com 日本版
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
くるまのニュース
ブレーキ液は、減る? 減らない?
ブレーキ液は、減る? 減らない?
バイクのニュース
“第1回瑶子女王杯”が開幕。トップタイムは牧野任祐、復調の大湯都史樹が続く|スーパーフォーミュラ第4戦富士:土曜フリー走行タイム結果
“第1回瑶子女王杯”が開幕。トップタイムは牧野任祐、復調の大湯都史樹が続く|スーパーフォーミュラ第4戦富士:土曜フリー走行タイム結果
motorsport.com 日本版
子ども向けオフロード入門車『ヤマハ PW50』2025年モデル、10月25日発売へ
子ども向けオフロード入門車『ヤマハ PW50』2025年モデル、10月25日発売へ
レスポンス
ハイブリッド初オーバル戦は、システム未稼働車が最速に。「大金を投じてつまらなくするなんて」/インディカー
ハイブリッド初オーバル戦は、システム未稼働車が最速に。「大金を投じてつまらなくするなんて」/インディカー
AUTOSPORT web
体制新たに表彰台を目標に掲げるAstemo Honda Dream SI Racing。「上げ幅があるから心配はしていない」と野左根/鈴鹿8耐
体制新たに表彰台を目標に掲げるAstemo Honda Dream SI Racing。「上げ幅があるから心配はしていない」と野左根/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
WRCラトビアが開幕。常設サーキットが舞台のスーパーSSでトヨタ好調、ロバンペラが首位
WRCラトビアが開幕。常設サーキットが舞台のスーパーSSでトヨタ好調、ロバンペラが首位
AUTOSPORT web
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

445.0553.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0440.0万円

中古車を検索
パサート セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

445.0553.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0440.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村