サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ヤマハの“パワー不足”は深刻? ロッシ、表彰台争いにはスリップストリームが必須だと吐露

ここから本文です

 MotoGP第5戦フランスGPで、5位フィニッシュとなったヤマハのバレンティーノ・ロッシだが、彼のトップスピードはポイントを獲得したライダーの中で最も低いものだった。

 ロッシはレースの大半でドゥカティ勢からそれほど離されてはいなかったが、ストレートスピードではドゥカティにアドバンテージがあり、彼らをパスすることはできなかった。

■「ライディングスタイルを2~3種類使える」2019仕様RC213Vが、マルケスを“更に”強くする?

 ここ数年に比べて、ヤマハはタイヤライフを改善し、乗りやすいマシンになっているとロッシは言うものの、パワーにおいてはかなり劣っているとも認めている。

「十分な速さはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ