サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SBK:2020年、ドイツのオッシャースレーベンが16年ぶり復活。2004年に芳賀紀行が優勝した地

ここから本文です
 11月12日、2020年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)に3シーズンぶりにドイツラウンドが復活し、13ラウンドの1戦としてオッシャースレーベンが開催地として復活すると発表された。

 オッシャースレーベンでSBKが行われるのは2000~2004年に開催されて以来16年ぶりのこと。開催された2000~2002年は9月に行われ、2003年は6月の1週目に移行。5月末の開催となった2004年は、レース1でRenegade Ducatiから参戦した芳賀紀行が優勝を飾っている。