サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【電動化のジレンマ】次期マツダMX-5(ロードスター) 最新エンジン技術採用の可能性 EV化は?

ここから本文です

次期モデルでスカイアクティブ-X搭載か

マツダの内燃機関へのこだわりは、次世代のMX-5(日本名:ロードスター)にも引き継がれ、プラグイン・ハイブリッドやEVではなく、同社の最新かつ最先端のガソリンエンジン技術が採用される見込みだ。

【画像】マツダの軽量スポーツカー【MX-5とロードスターを写真で見る】 全77枚

マツダは昨年、初のEVであるクロスオーバー車MX-30を欧州で発売したが、その1年前には、火花点火制御圧縮着火(SPCCI)技術を用いて効率と性能を向上させる革新的なガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」を発表している。

おすすめのニュース

サイトトップへ