サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レースディレクター、今年は1周目のインシデントに”厳しく”対応中「ドライバーやチームがそう望んでいる」

ここから本文です

 近年のF1は、ドライバーたちにレースをさせるという理念に基づいて、レース1周目のインシデントに対して比較的寛容な裁定が下されている。

 しかし第10戦イギリスGPでは、初実施されたスプリント予選レース1周目、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)と接触したジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)に決勝レースの3グリッド降格ペナルティが科せられた。

■レッドブル代表、クラッシュ原因のハミルトンに「フェアではないドライビングだ」と批判

 そして決勝レースでは、1周目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触したルイス・ハミルトン(メルセデス)に10秒のタイム加算ペナルティが出された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン