サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイエース エブリイ/エブリイワゴン一部改良 エスクード新型登場 ほか国産車&輸入車 最新情報

ここから本文です

ハイエース エブリイ/エブリイワゴン一部改良 エスクード新型登場 ほか国産車&輸入車 最新情報

 暖かくなり、日差しも強くなるこの季節、紫外線の強さは真夏と同じかそれ以上とも言われています。愛車の紫外線ケアも忘れずに。さて今回は、トヨタ ハイエース、スズキ エブリイ/エブリイワゴンの一部改良、さらにスズキからもう一台、エスクードの新型などの情報をお届けします!

※本稿は2022年4月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

ハイエース エブリイ/エブリイワゴン一部改良 エスクード新型登場 ほか国産車&輸入車 最新情報

■トヨタ ハイエース(一部改良・4月13日発売)

 トヨタは4月13日、商用バンのハイエースシリーズに一部改良を実施し、発売した。

トヨタ ハイエースバン スーパーGL。踏み間違いによる事故を未然に防ぐパーキングサポートブレーキを標準装備。その他ディーゼル車の燃費向上など数多くの改良が施された

 今回の一部改良ではバン、ワゴン、コミューターの3モデルが対象となっているが、踏み間違いによる事故の防止に寄与するパーキングブレーキサポート(前後方静止物)を標準装備とした。

 さらにバンとワゴン(いずれもGL)については、標準装備のフロントフォグランプをLEDへアップデートしている。

 ディーゼルエンジン搭載車(2.8L直4ディーゼルターボ、151ps/30.6kgm)に関しては燃費をさらに向上させた。結果「平成27年度燃費基準+15%」を達成、エコカー減税対象車となった。ウェルキャブについても同様に改良される。

 価格は239万2100~419万600円となる。

●価格:239万2100円~

■スズキ エブリイ/エブリイワゴン(一部改良・5月30日発売)

 スズキは4月7日、軽商用車のエブリイとエブリイワゴンの一部改良を発表した。発売は5月30日。

バックカメラ機能つきディスプレイオーディオを備えることで誰でも安心して運転できるように改良された

 今回の改良で、バックカメラ機能付きディスプレイオーディオをメーカーオプションとして新設定した。

 また、エブリイについては4ATモデルのアイドリングストップ機能も搭載された。価格は99万1000~192万9400円である。

●価格:99万1000円~

■スズキ エスクード(ニューモデル・4月21日発売)

 スズキは4月21日、コンパクトSUV・エスクードの、ハイブリッド仕様モデルを新たに発売した。

SUVの走破性と高い環境性能を手に入れたエスクードハイブリッド。WLTCモードで19.6km/Lという低燃費と独自の4WD制御機構を持つ

 今回登場したエスクードは、昨年9月末に終売となったエスクードにハイブリッドを搭載した車種であり、スイフトハイブリッドSZよりも高性能なシステムを持つ一台だ。

 主にハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリー容量、モーター最高出力およびトルクを改善しており、WLTCモード燃費は19.6km/Lを記録した。

 また、効率よく充電を行えるようにスズキ初となる回生協調ブレーキを搭載、後退時にEV走行を可能にするなど、大幅な進化を遂げている。

 1.5LのK15Cエンジン+モーターと6速AGSを組み合わせ、駆動系式はエスクードの特色を最大限生かす4WD(四輪制御システム『オールグリップ』採用)を搭載した。

 安全装備として一時停止、進入禁止などの標識を認識・表示する道路標識認識機能を新たに追加した。価格は297万円。

●価格:297万円

■プジョー e-208/e-2008(仕様変更・4月6日発表)

 プジョーは4月6日、BEVのe-208とe-2008の仕様変更を発表した。

気になる走行距離が伸びたことで補助金額もアップ。またトグルタイプのギアセレクターも採用(WLTC充電走行距離:380km)

 今回の発表によると、WLTCモード充電走行距離が延長され、e-208は15kmプラスの395kmへ、e-2008については20kmプラスで380kmへと進化。

 この仕様変更に併せてこの2台のCEV補助金額も増額。補助上限額65万円が交付されるようになった。

●価格:425万5000円~

■フォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアント(ニューモデル・4月5日発売)

 フォルクスワーゲンは4月5日、プラグインハイブリッドを採用したパサートGTEヴァリアントを発売した。

価格は634万5000~683万8000円。半導体不足の影響で年内供給数は約50台程度の予定だという

 今回の新型では、先代と比較しバッテリー容量が9.9kWhから13kWhへと増強。EV航続距離は57kmに延長された。

 パワートレーンは1.4L直4TSIエンジン(156ps)と116psのモーターとし、より余裕ある走りを可能とした。

●価格:634万5000円~

■BMW 3シリーズ Mスポーツリミテッド(特別仕様車・4月1日発売)

 BMWは4月1日、3シリーズに特別仕様となるMスポーツリミテッドを追加し発売した。

スポーティな走りを演出するお買い得なMスポーツ。Mシリーズ50周年記念バッヂも与えられる(通常グレード比:±0円 ※同額)

 今回追加されたリミテッドは318iセダンとツーリングおよび320dセダンとツーリングのMスポーツモデルをベースとし、人気のオプション装備である前席シートヒーターなどを標準装備。

 また価格はベース車と同額とし、お買い得な一台とした。

●価格:584万円~

■ルノー(価格改定/3車種対象・4月1日改定)

 ルノーは4月1日、キャプチャー、メガーヌ、メガーヌR.S.の3車種にて価格改定を行い、同日より施行した。

メガーヌR.S.は30万円値上げされた

 今回の価格改定は原材料費および物流費などの高騰を受けての変更としており、改定幅は1.2%から6.5%とそれぞれグレードにより異なる。

ルノー価格改定モデル

■ランドローバー レンジローバー スポーツ HSE ダイナミック ブラック+(限定モデル・3月29日発売)

 ランドローバーは3月29日、レンジローバースポーツHSEダイナミックブラックをベースとした限定モデルを発売した。

ジェスチャーテールゲート、ドラレコ、運転支援システムを盛り込んだ特別仕様だ(通常グレード比:96万円高)

 当モデルは数あるオプションのなかからジェスチャーテールゲートといった人気装備を標準とし、ブラックを基調としたモデル。

 エンジンは3L直6ディーゼルを搭載する。気になる台数だが20台のみのデリバリーだ。

●価格:1372万円

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら