サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「ペトルッチはWSBKでもトップ争いができる」プラマック代表、卒業生の実力に太鼓判

ここから本文です
 5月末、MotoGPに参戦するドゥカティは、2021年のライダーとして現在プラマックに所属するジャック・ミラーを起用すると発表。そのあおりを受け、ダニーロ・ペトルッチは自身がファクトリーチームから離れることになったと認めた。

 ペトルッチの来季の行き先は、アプリリアなのではないかと考えられている。同チームのアンドレア・イアンノーネは昨年末からドーピング疑惑によって出場停止処分が続いており、控訴が認められなかった場合、その後任となるのがペトルッチではないかと言われてきたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ