サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産の未来戦略、NISSANアンビション2030始動! ワクワクする新型電動車を23モデル投入

ここから本文です

日産の未来戦略、NISSANアンビション2030始動! ワクワクする新型電動車を23モデル投入

2030年までにBEV15車種を含む23の新型電動車を投入。全個体電池も開発・生産

 日産は2021年11月29日、長期ビジョン、日産アンビション2030を発表した。社長兼CEOの内田誠氏と、最高執行責任者のアシュワニ・グプタ氏がオンラインで説明に立ち、今後5年間で約2兆円を投資し電動化を加速すること、2030年度までにBEV15車種を含む23車種の新型電動車を投入、グローバルで電動車のモデルミックスを50%以上とすること、全固体電池の2028年度に市場投入を表明した。

日産アリアB6(2WD)の車両価格が発表。オンラインでの正式注文受付も11月末にスタート

 内田社長は、日産アンビション2030を、今後10年の方向性を示す「羅針盤」と説明。「『共に切り拓く、モビリティとその先へ』というスローガンで、日産のDNAであるチャレンジ精神を生かしていく」と述べた。

 一方、グプタ氏は今後5年間の電動化計画について具体的に説明。2026年度までに電動車の販売比率を欧州で75%以上、日本で55%以上、中国で40%以上に高め、米国では2030年度までにBEVだけで40%以上にするとした。さらに「プロパイロット」を日産/インフィニティ両ブランド合わせてて250万台以上販売することも表明している。
 バッテリーを二次利用するための施設展開も積極的に行う。日本以外に2022年度に欧州、2025年度には米国に新設。エネルギーマネジメントにおける循環サイクルを構築し、2020年代半ばにはV2Xと家庭用バッテリーシステムの商用化を目指すという。

 自動車界は、世界中のメーカーが積極的に電動化戦略を表明している。すでに全面BEV化を表明しているメルセデス・ベンツやボルボ、ホンダなどと比較すると、2030年にグローバルの電動車比率55%を目指す今回のビジョンは、さほど野心的ではない。しかし、2010年に世界初の量産BEV、1stリーフを送り出した日産である。電動化に対するノウハウは、どこよりも豊富といえる。BEVを一気に革新すると期待される全固体電池の自社開発/生産表明を含め、今後の動きには期待が高まる。

コンセプトカーを一挙公開。BEVが実現する楽しい未来を提案

 日産の未来を実感させるのが、4台のコンセプトカーだ。次世代クロスオーバーのチルアウト、オープン2シーターのマックスアウト、ユーティリティビークルのハングアウト、ピックアップのサーフアウトを公開した。4台はゼロエミッションBEVである。

 チルアウトは、アリアと共通のCMF-EVプラットフォームをベースにワクワクするドライビングと、使い勝手に優れた室内空間を追求。Bピラーレス構造ボディと観音開きドアによりワイドな開口部を実現した。キャビンは広くシンプル。プロパイロットの進化版となる自動運転システムが装備され、自動運転走行時の室内はステアリングを格納したリラックス空間に変化する。メカニズムは未公表だが、駆動システムは2モーター方式のe-4ORCEになるもよう。チルアウトは電動化だけでなく、人とクルマの関係の新提案、移動をストレスフリーで特別な時間にする革新BEVである。

 一方、マックスアウト、ハングアウト、サーフアウトは、2030年代を想定したモデル。プラットフォームは全固体電池を搭載した新世代になる。新しい概念のハードウェアと高度な知能を融合させ、「行動の自由」に加え、ユーザーがまだ気づいていない「やりたいこと」の発掘・実現をサポートするという。

 日産はアリアの予約が本格スタート、2022年夏までにKカーのBEVがデビューし、新型エクストレイルもスタンバイしている。日産アンビション2030のもと、魅力的なモデルで日本、そして世界の自動車シーンを面白くすることを期待している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら