サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラリージャパン中止を悲しむ元フォルクスワーゲン幹部たち「日本は明らかにWRCが訪れるべき国」

ここから本文です
 現在ウイリアムズF1を率いるヨースト・カピートとフランソワ-グザビエ・ドゥメゾンと話をすると、彼らがいかにWRC世界ラリー選手権での経験を楽しんでいたか、そして今でもグラベルステージで何が起こっているのかを注意深く観察していることがよくわかる。

 彼らがラリー界のレジェンドであるカルロス・サインツと親しげに話している姿は至って普通の光景で、それはフェラーリF1所属の息子カルロス・サインツJr.が将来的にウイリアムズへの移籍を考えていることを示唆しているわけではもちろんない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン