サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予算上限を決める投票が延期に。フェラーリF1は反対を続けるも、FIAトッド会長は懸念せず

ここから本文です

 FIAのジャン・トッド会長は、フェラーリがF1の予算制限制度の交渉を阻止することはないと確信している。

 F1における現在の新型コロナウイルス危機に起因する財政的影響を軽減するため、F1、各チーム、FIAは2021年の予算制限の上限を1億7500万ドル(約188億3700万円)から1億4500万ドル(約156億円)に引き下げることを最近決定した。

フェラーリF1代表、インディカー参戦を検討中と認める。予算制限に伴うレース部門見直しが必須に

 しかし上限額が引き下げられたことで、F1の小規模チームがさらなる引き下げを支持し、関係者間で激しい議論を巻き起こしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ