サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【1億円超えか】700psの「V12スピードスター」、アストン マーティン計画中 AUTOCAR予想図

ここから本文です

【1億円超えか】700psの「V12スピードスター」、アストン マーティン計画中 AUTOCAR予想図

AUTOCARの予想イラスト

英国の高級スポーツカー・メーカー、アストン マーティンが、V12エンジンを搭載するオープンルーフ・モデルの開発を進めていることが判明した。

【画像】フェラーリのスピードスター モンツァSP1/SP2【写真】 全31枚

「アストン マーティンV12スピードスター」という名称の限定生産モデルで、2020年の後半にデビューする見込み。トップ画像はAUTOCARの予想イラストである。

本モデルは、1959年のル・マン24時間耐久レースを制した功績を讃えるもの。

同社のビスポーク部門である「Q by アストン マーティン」が手がける作品で、「モータースポーツとエアロダイナミクスの最新テクノロジー、走りを楽しむ旧き良きスポーツカーの優美なコンビネーション。究極のエンスージアズムを体現する2シーター・ドライビング・マシン」と説明されている。

88台のみがハンドビルドで生産されるが、その価格は明らかになっていない。AUTOCARでは、少なくとも75万ポンド(1億646万円)を超える値付けになると考えている。

アストン、デザイン・スケッチ発表

今回の発表にあわせて、アストン マーティンは、黒の背景のデザイン・スケッチを公開している。ルーフもフロント・ウインドウも存在しないレーシングカーのような姿で、その見た目はボディワークのすべてがビスポークであることを物語っている。

技術的な情報は少ないが、搭載されるV12エンジンは、5.2L V12ツインターボになると考えられ、最高出力700ps、最大トルク71.2kg-mというスペックが予想させる。トランスミッションは、ZF製の8速オートマティックを採用するだろう。

つまり、パワートレインはDBSスーパーレジェーラのものをデチューンし、シャシーは共有すると思われる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します