サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プロとアマが1台のマシンをシェアする面白レース! インタープロトが「見る」も「やる」も魅力的な理由

ここから本文です
 腕で勝負する素のマシンが「kuruma」

 読者諸兄は「インタープロト」をご存じだろうか? ル・マン24時間レースで優勝した実績を持つ関谷正徳氏が富士スピードウェイを舞台に2013年に立ち上げたワンメイクレースで、マシンは専用開発のスポーツカー“kuruma”を使用。搭載されているエンジンはトヨタ製の4000cc・V型6気筒で、ABSやトラクションコントロールシステムなど、ハイテクデバイスを省いたピュアなレーシングカーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ