現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスAMGの『GLA』に最高峰“45 S 4MATIC+”が登場。標準車にはBSGと48V電装系を搭載

ここから本文です

メルセデスAMGの『GLA』に最高峰“45 S 4MATIC+”が登場。標準車にはBSGと48V電装系を搭載

掲載
メルセデスAMGの『GLA』に最高峰“45 S 4MATIC+”が登場。標準車にはBSGと48V電装系を搭載

 コンパクトな前輪駆動アーキテクチャーをベースとしたメルセデス・ベンツの都市型SUV『GLA』のラインアップで、最高峰に君臨するハイパフォーマンスモデル『メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+』がエクステリアを刷新。同時に基準グレードの“GLA 180”は新型エンジンを搭載し、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを採用。3月28日より発売開始となっている。

 メルセデスAMGのラインアップでも飛び抜けた“ハイチューン”ユニットとして知られる、2.0リッター直列4気筒直噴ターボユニットの『M139』を搭載しているGLA 45 S 4MATIC+は、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステムのCAMTRONIC(カムトロニック)などを採用し、最高出力421PS(310kW)、最大トルク500Nmを発生する。

TOYOTA GAZOO Racingがマクドナルド&トミカとコラボしハッピーセットの特別企画を始動

 これほどの出力を小排気量で実現するだけあり、そのトルク特性は直噴ダウンサイジングの“フラット型”ではなく、5000回転付近のピークから7200回転のレブリミットまで突き抜けるようなフィールを示す、自然吸気エンジンのようなエモーショナルな特性を持つ。

 組み合わされるAMGスピードシフトDCTの8速デュアルクラッチトランスミッションは、全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早い変速とシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようセッティングされ、俊敏かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現。

 エグゾーストシステムには自動制御のフラップも装備され、選択したドライブモードに応じてバランスの取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエグゾーストサウンドまで切り替えを行うことが可能となっている。

 そんなパフォーマンスを視覚的に訴えるエクステリアは、外装色に新色のハイテックシルバーとスペクトラルブルーが追加され、よりシャープな印象を与えるヘッドライトと新デザインのフロントバンパー&ボンネットエンブレムを採用。リヤでもLEDコンビネーションランプのデザインを変更し、脚元では21インチAMGアルミホイールが装着されるなど、よりスポーティさを強調する仕立てとされた。

 同じくインテリアでも、ハンズオフ検知機能のために新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドと、3本のツインスポークを採用する新世代ステアリングホイールを装着。MBUX AR(拡張現実=オーグメンテッド・リアリティ)ナビやドルビー・アトモスに対応したブルメスター製サラウンドサウンドシステムも標準装備される。

■電動アシストで総合性能を引き上げる

 一方、ベーシックモデルとして兄弟車の『Aクラス』や『Bクラス』、そして『CLA』や『GLB』と各車に設定されている“180”だが、今回のGLA 180には1.4リッター直列4気筒直噴ターボエンジンの『M282』にマイルドハイブリッド機構に相当するBSGと48V電気システムを導入した。

 ベルトを介してクランクシャフトと接続されスターターとジェネレーターを兼ねるモーターは、回生ブレーキ等により発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電。振動の少ないエンジン始動や滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなどの必要に応じて、最高出力14PS(10kW)の動力補助を行い、燃費低減効果だけでなくパワートレインの総合性能を引き上げている。

 単体で最高出力136PS(100kW)、最大トルク230Nmを発生するM282にはデルタ形シリンダーヘッドが採用され、その名のとおりシリンダーヘッドが三角柱を横に寝かした形状とされたことで、従来の設計に比べて装着時の高さがある一方、幅や重さが減じられ軽量化や省スペース性能が向上している。

 また、吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器(内部空間の共振で振動を発生)の原理を採用し、触媒コンバーターには遮音シールを施したほか、カバーにもノイズ低減の役目を持たせることで徹底的な静音化対策が施される。さらにウォーターポンプも電動化されたことで、冷却能力を必要に応じて最適に調整することが可能となり、さらなる効率化も図られた。

 これでAMGモデルの2機種を含む全4グレード構成となる『GLA』だが、最高峰『メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+』の価格は1032万円、同GLA 180は588万円(いずれも税込)となっている。

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

フォーミュラEに君が代が流れる。ニッサンがシーズン10最終戦で優勝「とても誇りに思う」とローランド
フォーミュラEに君が代が流れる。ニッサンがシーズン10最終戦で優勝「とても誇りに思う」とローランド
AUTOSPORT web
ガス満で2100km超えを目指す!! 2026年登場予定の[新型カローラ]最新情報
ガス満で2100km超えを目指す!! 2026年登場予定の[新型カローラ]最新情報
ベストカーWeb
スズキ「ジムニーシエラ」をピックアップにしてラリーに参戦! 車両製作は中央自動車大学校の学生たち…ドライバーは女性ペアでチャレンジします
スズキ「ジムニーシエラ」をピックアップにしてラリーに参戦! 車両製作は中央自動車大学校の学生たち…ドライバーは女性ペアでチャレンジします
Auto Messe Web
豊田章男会長「失礼な態度をしてしまい大変申し訳ございませんでした」1年越しでル・マンのトロフィーを受け取る
豊田章男会長「失礼な態度をしてしまい大変申し訳ございませんでした」1年越しでル・マンのトロフィーを受け取る
AUTOSPORT web
ルクレール4位「望んでいた結果ではないが、予想よりはうまくいった」フェラーリ/F1第13戦決勝
ルクレール4位「望んでいた結果ではないが、予想よりはうまくいった」フェラーリ/F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
BMW、高性能モデルの代名詞『M4』のクーペとカブリオレを刷新。最高出力は20PS向上の530PSに
BMW、高性能モデルの代名詞『M4』のクーペとカブリオレを刷新。最高出力は20PS向上の530PSに
AUTOSPORT web
「GRヤリス」の3気筒ターボを合体! レクサスLBX モリゾーRR 304馬力の試作車へ試乗
「GRヤリス」の3気筒ターボを合体! レクサスLBX モリゾーRR 304馬力の試作車へ試乗
AUTOCAR JAPAN
キャシディは王者獲得ならず。ジャガー勢の自滅でポルシェのウェーレインが逆転初タイトルに輝く/フォーミュラE最終戦
キャシディは王者獲得ならず。ジャガー勢の自滅でポルシェのウェーレインが逆転初タイトルに輝く/フォーミュラE最終戦
AUTOSPORT web
【フォーミュラE】日本初開催実現シーズンが閉幕、ポルシェのウェーレイン初戴冠…最終戦は日産が勝利
【フォーミュラE】日本初開催実現シーズンが閉幕、ポルシェのウェーレイン初戴冠…最終戦は日産が勝利
レスポンス
ハミルトンがキャリア200回目の表彰台を獲得「フェルスタッペンを抑えつつタイヤを持たせるのは大変だった」F1第13戦
ハミルトンがキャリア200回目の表彰台を獲得「フェルスタッペンを抑えつつタイヤを持たせるのは大変だった」F1第13戦
AUTOSPORT web
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入。プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入。プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
motorsport.com 日本版
デカい!! 8輪駆動の “化け物” ベンツ・トラック なぜ必要? あえてのボンネット仕様が理にかなっているワケ
デカい!! 8輪駆動の “化け物” ベンツ・トラック なぜ必要? あえてのボンネット仕様が理にかなっているワケ
乗りものニュース
トヨタ“次期型”「GR86」どうなる!? 「トヨタの“3気筒”エンジン」搭載も!? 期待の「スポーツコンパクト」はどう進化するのか
トヨタ“次期型”「GR86」どうなる!? 「トヨタの“3気筒”エンジン」搭載も!? 期待の「スポーツコンパクト」はどう進化するのか
くるまのニュース
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
AUTOCAR JAPAN
軽トラから「ジープ」まで! アウトドア派必見の新作ホイール「マッドヴァンスX」のデザインは3タイプ…欲しい1本に必ず出会えます
軽トラから「ジープ」まで! アウトドア派必見の新作ホイール「マッドヴァンスX」のデザインは3タイプ…欲しい1本に必ず出会えます
Auto Messe Web
パナメーラ史上最強の782馬力! ポルシェ新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」予約開始 最高速度は325キロのスーパーサルーン
パナメーラ史上最強の782馬力! ポルシェ新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」予約開始 最高速度は325キロのスーパーサルーン
VAGUE
ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
レスポンス
VW『Tロック』『Tクロス』向けデジタルインナーミラー用ステー、MAXWIN「MR-KIT58」発売
VW『Tロック』『Tクロス』向けデジタルインナーミラー用ステー、MAXWIN「MR-KIT58」発売
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村