サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「マクラーレンのパフォーマンス不足は深刻」組織再編に踏み切ったCEOブラウンが認める

ここから本文です
 マクラーレン・レーシングのCEOザック・ブラウンが、チームは今大きな問題を抱えており、状況を好転させるためには組織の立て直しが必要であると語った。

 4日、マクラーレンはレーシングディレクターであるエリック・ブーリエの辞職を発表するとともに、いくつかの組織変更について明らかにした。マクラーレン・レーシングのCOO、サイモン・ロバーツが製造、エンジニアリング、ロジスティクスの監督を行い、アンドレア・ステラがパフォーマンスディレクターとして、トラックサイドオペレーションの責任を担うことが決まった。

おすすめのニュース

サイトトップへ