サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】アレックス・マルケスのLCR行き、“一挙両得”とホンダ。「レプソル・ホンダは新人に厳しい環境」

ここから本文です
 7月13日、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)はMotoGP2021年シーズンに向けたライダー契約を発表。現KTMのポル・エスパルガロをレプソル・ホンダへ迎え、今季同チームからMotoGPデビューを果たすアレックス・マルケスを、2021年からはサテライトチームのLCRホンダへ移籍させるとした。

 ファクトリーチームからサテライトチームへの移籍、つまりアレックスの動きは一般的に降格人事ということになるが、この動きはアレックスのためになるものだとチーム側は説明。ルーキーにとって“レプソル・ホンダ”というチームはキャリアを始めるに当たって適切な場所ではないという認識を示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ