サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

ここから本文です

 ロードレース世界選手権最高峰クラスで7度の世界タイトル獲得経験を持つバレンティーノ・ロッシ。生きる伝説とも呼ばれるロッシだが、2020年を最後にヤマハファクトリーチームを離れることとなった。

 ヤマハは2021年以降のライダーラインアップに、マーベリック・ビニャーレスと現在ペトロナス・ヤマハSRTに所属するファビオ・クアルタラロを起用することを決定したのだ。

■MotoGPコラム:変わるロッシ、変わらない“情熱”。常夏のセパンで見える驚異の熱意

 ロッシは現役を続けるか、引退するかは2020シーズン序盤のパフォーマンスを見てから決断する、と語ってきたが、ヤマハはそれより早くライダーラインアップを確定させた。

おすすめのニュース

サイトトップへ